ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

筋肉をつけることで認知症リスクを下げられる

筋肉をつけることは、免疫力アップにつながることが知られています。筋肉をつける効果はそれだけではありません。じつは、筋肉をつけることで認知症リスクを下げられるのです。さらには、生活習慣病の予防効果も期待できます。『駆け込みドクター』で紹介されていました。



スポンサーリンク
筋肉をつけることで認知症リスクを下げられる

筋肉をつけることは認知症に重要

「認知症になりたくなければ筋肉をつけるべし」といわれるほど、筋肉をつけることは重要です。筋肉が減ると疲れやすい体となって食事量が減少。行動範囲も狭まります。

すると、ますます筋肉が衰えて外出する機会も減少。この外出頻度がじつは、認知症と深いかかわりがあるからです。

外出頻度と認知症の発症リスクの関係を調べたデータがあります。それによると、外出が1週間に一度だった人は、毎日外出していた人に比べて発症リスクが3.5倍だったのです。

筋肉をつけることが糖尿病の予防

逆にいえば、筋肉をつけることで認知症の発症リスクを下げられるということ。筋肉をつけて外出する機会が減らなければ、それだけ認知症を予防することになるのでした。

筋肉をつけることは生活習慣病の予防にもつながります。じつは、体内の糖分の9割を使っているのが筋肉です。筋肉が少ないと、そのぶん消費量が減って肥満の原因となります。

肥満になれば当然、生活習慣病のリスクは悪化。とくに生活習慣病の糖尿病は、筋肉不足病とも呼ばれています。筋肉をつけることがそのまま糖尿病の予防につながるのです。

■「筋肉をつける」おすすめ記事
免疫力アップには筋肉をつけることが一番の近道
高齢者が運動で筋肉をつけるなら牛乳を忘れずに

■「認知症」おすすめ記事
脳血管性認知症は「感情失禁」が典型的な症状
認知症の予防にもなる「色読み脳年齢テスト」
認知症かどうかを診断「模写テスト」とは?
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
ピーナツバターで認知症が早期発見できる!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。