ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

朝食抜きは高カロリーに反応して食べ過ぎになる

朝食抜きは1週間でも効果が現れるダイエット法。しかし、朝食抜きの効果に疑問符をつける調査結果が発表されました。朝食抜きの人は、より高カロリーな食べ物に目が行ってしまい、結果的に朝食を食べたときより多く食べてしまうというのです。詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
朝食抜きは高カロリーに反応して食べ過ぎになる

朝食抜きの脳の変化や行動の違い

朝食抜きの効果に疑問符をつける調査は、イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者が行ったもの。21人のボランティアを対象に、朝食抜きとそうでないときの、脳の変化や行動の違いを調査したものです。

調査は、サラダやチョコレートなどの写真を見せたときの脳の変化を調べるもの。食べ物の写真については脳の変化だけでなく、それぞれにどの程度魅力を感じたか点数化します。その後、パスタを好きなだけ食べてもらうのです。

この実験を、ボランティアが朝食抜きのときと、朝食を食べたときの2回実施。朝食抜きの効果の違いを明らかにしようというものです。

朝食抜きは高カロリーに反応する

その結果、朝食抜きのときは食べ物の必要性やおいしさを認識する脳の眼窩前頭皮質という部位が、高カロリーな食べ物を見ると活発化することが判明。なかでも、一番魅力を感じたのはチョコレートでした。

また、写真を見せたあとのパスタについても、朝食抜きの場合は朝食を食べたときより250kcal分も多く食べたのです。朝食抜きによる空腹感が、いつも以上のカロリー摂取を促したと考えられます。

このように、朝食抜きは無意識のうちに高カロリーな食べ物に反応させてしまう効果があるということ。忙しさのあまり朝食抜きが続くと、思いもよらず体重増となる可能性があるというわけです。

■「朝食抜き」おすすめ記事
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
便秘の原因は朝食抜きによる食物繊維の不足かも
朝食抜きダイエットの空腹感を乗り越える方法
筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない
蠕動(ぜんどう)運動に「朝食抜き」は逆効果
朝食抜きは8時間ダイエットと同じ効果がある

■「ダイエット」おすすめ記事
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事