ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

足のブラブラが大腰筋トレーニングになる理由

大腰筋のトレーニングとしてよく紹介されるメニューが階段の上り下り。しかし、階段の上り下りで大腰筋にトレーニング効果が出るのは、大腰筋が活性化している人になります。まずは大腰筋を活性化するためのトレーニングである、足ブラブラから始める必要があるのです。



スポンサーリンク
足のブラブラが大腰筋トレーニングになる理由

大腰筋トレーニングが足ブラブラ

階段の上り下りは大腰筋を意識できていない人には、あまりトレーニング効果はありません。というのも、大腰筋を意識できていない人がやると、大腿四頭筋などの太ももの筋肉だけが鍛えられてしまいます。

大腰筋を活性化しようと思ったら、大腿四頭筋などの筋肉を使わずに行う大腰筋トレーニングが必要です。そこで、おすすめの大腰筋トレーニングが足のブラブラ。大腰筋だけを動かすことによって、効率的に活性化できます。

足のブラブラを行うには、まず10cmくらいの高さの段差が必要です。スポーツジムならエクササイズで使用するステップを使うとよいでしょう。電話帳を重ねたものをガムテープで固定して使うのも手です。

大腰筋トレーニングは片足3分間

足のブラブラによる大腰筋トレーニングは、できれば両腕を壁につけて体をまっすぐに安定させる場所を選びます。家の廊下などで、左右両方の壁に腕をつけられる場所が理想です。

台の上に立ったら、正面から見て骨盤の左右が水平になる姿勢を意識。この姿勢で、台に乗っていないほうの足を股関節からゆっくりと前後にブラブラさせるのです。膝の力は抜いておきます。足の動きに合わせて体が前後しないように注意してください。

大腰筋トレーニングでは、足を大きく振る必要はありません。歩くときの一歩よりも小さいくらいの歩幅で、1分間に30往復くらいのテンポで行います。片方の足を3分間、振り続けてください。反対側の足も同様に行います。

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!

■「腸腰筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事