ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腸内環境を改善するための発酵食品の賢い食べ方

腸内環境を改善するとダイエットできるのをご存じですか? 腸を元気にすると代謝を上がって痩せることができます。いわば腸も筋肉の1つ。腸を活発に動かせば体の基礎代謝が上がり、太りにくい体になるのです。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
腸内環境を改善するための発酵食品の賢い食べ方

腸内環境を改善するカギが発酵食品

腸内環境を改善するカギとなるのが発酵食品。ヨーグルトやチーズ、納豆、キムチ、生ハム、味噌など発酵食品はコンビニでも簡単に手に入れることができます。

ただし、腸に発酵食品がよいのはいまや常識。発酵食品で腸内環境を改善すると便秘が予防できます。日ごろの腸の動きが活発になることで、発酵食品で太りにくい体になれるというわけです。

そして、発酵食品にはより腸内環境を改善する賢い食べ方があります。まずは腸内環境の改善には、発酵食品の組み合わせが肝心です。たとえば、納豆と切り干し大根の組み合わせ。実際に食べると、味の相性はよさそうな印象です。

腸内環境の改善効果がグンとアップ

納豆菌が腸に到達するのを助けて、しかも腸に定着するのも助けるのが食物繊維の役目です。食物繊維といえばセルロースですが、大根はもともとセルロースです。

ところが、大根をいったん乾燥させるとセルロースがリグニンという物質に変化。リグニンは最強の食物繊維とも呼ばれています。生の大根よりも腸内環境を改善する食物繊維となるのです。

そして、食物繊維は納豆菌を腸に運ぶまでをサポート。しかも納豆菌のエサとなって、腸内で善玉を増やして定着させる役割も果たします。このため、納豆と切り干し大根を組み合わせると腸内環境の改善効果がグンとアップするのです。

■「腸内環境改善」おすすめ記事
腸内環境が改善するインナーマッスルの鍛え方
腸内環境を改善!プレ歯磨きからリンゴ牛乳まで
腸内環境改善に効果的な発酵食品の食べ方とは
腸内環境改善のためのセルフチェックと美腸体操
腸内環境改善に効果的な「ダブル発酵」とは?

■「腸内環境」おすすめ記事
免疫力アップには腸内環境をよくすることが重要
腸内細菌のバランス「2:1:7」は何を意味する?
腸内細菌を元気にする特製ヨーグルトセーキ
水太りする原因は腸内細菌が肥満型だから!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事