ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドローイン効果は横向きでやるだけでアップする

ドローインの基本は仰向けで行います。仰向けなら重力を利用して、お腹をへこますことができるからです。ドローイン初心者はこれで効果十分。しかし、慣れてくるにつれてドローイン効果をアップしたくなってきます。そんなときは横向きでやるだけでドローイン効果はアップするのです。



スポンサーリンク
ドローイン効果は横向きでやるだけでアップする

ドローイン効果を上げたくなる

ドローインの基本は仰向け。仰向けで息を吸って下腹部をふくらませたら、ゆっくり息を吐きながら重力を利用してお腹をへこませます。息を吐き切ったらさらに下腹部全体をグーッと沈ませるのです。

基本形のドローインは負荷が少ないため、慣れてくるとドローイン効果を上げたくなるもの。そんなときは「仰向け→横向き→うつ伏せ」という順でドローインを行うだけで効果がアップするのです。

基本形に物足りなくなったら、効果を一段上げる横向きドローインがおすすめ。左右どちらかを下に横向きに寝たら、腕は自然に体の前に置いてください。心持ち前傾気味になると、ドローインしやすいでしょう。

ドローイン効果は横向きでアップ

この体勢で下腹部全体をへこませるドローインをしたら、下側になったわき腹を持ち上げて1秒キープするのです。10回繰り返したら、反対側を下にして同様に10回繰り返します。ドローイン効果は横向きでかなりアップするでしょう。

横向きよりさらにドローイン効果を上げるなら、うつ伏せドローインしかありません。うつ伏せになって両手の肘を曲げて顔の横に置いて、そのままドローイン。ドローインしながら、腹部を持ち上げて1秒キープするのです。

うつ伏せドローインも10回繰り返します。横向きよりさらにハードなので、腹部の持ち上げ方は少しでかまいません。さらにドローイン効果を上げるなら、床につけた手を持ち上げるとよいでしょう。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
ドローイン効果で1日たった2分でウエスト5cm減
ドローイン効果だけで腹筋が割れることはない
ドローインの効果はインナーマッスルに現れる
お腹痩せを即効で実現する30秒ドローインとは?
腹横筋を鍛えるドローインでスタイルキープする

■「インナーマッスル」おすすめ記事
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事