ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドローイン効果のアップに内臓の重さを利用する

お腹をへこませるだけのドローインは、腹横筋を鍛えてウエストをシェイプアップするエクササイズ。背すじを伸ばしてお腹をできるだけへこませたまま、息を止めずに30秒キープするだけ効果が現れます。このドローイン効果をアップするには、内臓の重さを利用するのです。



スポンサーリンク
ドローイン効果のアップに内臓の重さを利用する

ドローイン効果をアップさせる方法

ドローイン効果でウエストがシェイプアップできるのは、インナーマッスルの腹横筋が鍛えられるため。腹横筋はお腹をコルセットのように包んでいるため、ドローイン効果で鍛えられるとウエストが引き締まるというわけです。

ドローインはお腹をへこませた状態をキープできる時間が、30秒だったものが慣れてくるにつれて1分、2分と長くなるもの。こうなるとドローインの効果を上げるためには、最終的には一日中ドローインすることになりかねません。

そこで、ドローイン効果をアップさせる方法を紹介しましょう。それが自分の内臓の重さを利用したドローインです。やり方を詳しく見ていきましょう。

ドローイン効果を高める肘立て姿勢

まずは両足を肩幅に開いて、後ろで手を組んで軽く肩を引きます。そして、背すじを伸ばしたまま上半身を前傾させたら準備完了。この体勢でドローインをするのです。

ドローイン効果をアップさせるポイントは、しっかりお腹を引き上げること。実際に試してみると、通常のドローインより負荷が段違いに上がっていることがわかるはずです。負荷が上がれば、ドローイン効果もアップします。

さらに、内臓の重さを利用してドローイン効果を高める方法が「肘立てドローイン」。うつ伏せで両ひじをついて上半身を浮かた姿勢でドローインをするのです。内臓の重さをしっかり感じることで、ドローイン効果はアップします。

■「ドローイン効果」おすすめ記事
ドローイン効果で内臓下垂を解消して痩せる方法
ドローイン効果で1日たった2分でウエスト5cm減
ドローイン効果だけで腹筋が割れることはない
ドローインの効果はインナーマッスルに現れる
お腹痩せを即効で実現する30秒ドローインとは?
腹横筋を鍛えるドローインでスタイルキープする

■「インナーマッスル」おすすめ記事
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
インナーマッスルの鍛え方は日常のちょい足し

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事