ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

膝の痛みの原因を解消するためのトレーニング

ひざの痛みの原因は、おもに体重が増えること。過体重によってひざに負担がかかって軟骨がすり減り、痛みが発生するのです。このため、ひざの痛みを予防するのは生活の質を上げるだけでなく、健康寿命を延ばすことにもつながります。『解決スイッチ』で紹介されていました。



スポンサーリンク
膝の痛みの原因を解消するためのトレーニング

膝の痛みの原因を解消する全身運動

そこで、家庭でもできるひざの痛みを予防するトレーニングを紹介しましょう。それが全身運動を効率よく行うサーキットトレーニングです。

サーキットトレーニングとは、筋トレなどの無酸素運動とジョギングなどの有酸素運動を組み合わせたもの。筋肉を使って基礎代謝をアップする運動と、心拍数を適度に保ち脂肪燃焼を効果的な運動を行えます。

家庭でもできる膝の痛みの原因を解消するトレーニングは、まずは腕立て伏せではなく壁立て伏せを30秒間行います。壁立て伏せとは、壁に手をついて腕立て伏せの動きを行うもの。30秒間、続けられる負荷の運動なのがポイントです。

膝の痛みの原因の解消トレーニング

壁立て伏せは正しい姿勢を維持することを忘れてはいけません。背筋を伸ばして、体が1本の軸になったイメージ。肩とひじ以外は動かさないようにするのが理想です。

壁立て伏せのあとはスロージョギングを30秒間、行います。その場でジョギングの足踏みを行えばOKです。本格的なジョギングよりも負荷は軽いので、30秒間はそれほどきつくないでしょう。

膝の痛みの原因を解消するトレーニングでは、壁立て伏せとスロージョギングのセットを5回行います。基礎代謝のアップとおく率的な脂肪燃焼で体重を減少。膝の痛みの原因を解消してくれます。

■「膝の痛みの原因」おすすめ記事
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
膝の痛みの原因は足のスライド運動で解消する!!
ひざ痛はコリが原因「お皿のストレッチ」

■「膝の痛み」おすすめ記事
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
ひざ痛が解消!驚きの「足のスライド運動」
膝の痛みが改善!イスに座って簡単ストレッチ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事