ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

アレルギー症状はペットを飼ったほうが出ない

ペットを家の中でたくさん飼っている人のほうが、アレルギーの症状が出にくいというデータがあります。ペットの毛アレルギーの人が聞いたら驚くような話ですが、そこにはちゃんとした理由があるのです。『ホンマでっかTV』で紹介されていました。



スポンサーリンク
アレルギー症状はペットを飼ったほうが出ない

アレルギー症状は抗体が過剰反応

アレルギー症状がペットを飼ったほうが出ないのには、ペットの糞の最近が関係しています。じつはペットの糞の細菌から「エンドトキシン」という物質が出るのです。

ここで私たちの体は、外から体内に侵入した敵に対して抗体を作ります。アレルギー症状はこの外敵に対して作られた抗体が過剰に反応しておこるものです。

そして、細菌によって作られる抗体と、アレルギーによる抗体はトレードオフの関係。細菌性の抗体をたくさん作ると、アレルギー性の抗体をあまり作らなくなります。

アレルギー症状とエンドトキシン

すると、アレルギー性の抗体が体に存在しなくなるために、アレルギー症状になりにくい体になるというわけです。これがペットを飼ったほうがアレルギー症状が出ない理由になります。

実際、南ドイツで農家と非農家の子供の家のホコリを集め、エンドトキシンの量を調べたデータが存在。そのデータによると、エンドトキシンが多い農家の子ほど花粉症とぜんそくを発症していませんでした。

すなわち、乳幼児期にエンドトキシンへの接触が少ないと免疫システムが成熟できず、アレルギー症状になりやすいというわけ。農家のエンドトキシンの最大の発生源は家畜の糞。糞に触れることがアレルギー症状を防ぐことにつながっているのです。

■「アレルギー症状」おすすめ記事
ペットの細菌がアレルギーの発症を妨げる!?
金属アレルギーの恐怖!歯の詰め物が口の中で溶け出している
蓄膿症=慢性副鼻腔炎!アレルギー性鼻炎も原因になる
金属アレルギーの症状はある日突然現われる
金属アレルギーがネックレスだけで発症する理由
金属アレルギーはピアスの穴を開けるときに発症
遅延型アレルギーが体調不良の原因かもしれない

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。