ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バランスボールの効果で本当に仕事の効率がアップ

最近では、オフィスの椅子代わりにバランスボールを使うことも一般的になってきました。じつはバランスボール効果で仕事の効率は本当にアップするのです。実際、小学校でも椅子代わりにバランスボールを使うことで、勉強の効率が上がったという報告があるのでした。



スポンサーリンク
バランスボールの効果で本当に仕事の効率がアップ

バランスボール効果で脳が機能改善

バランスボールが開発されたのは1960年代。イタリア人技術者によって開発されました。それがスイスの理学療法士によって神経系に障害のある子どもたちの治療に使われたことから、バランスボールの歴史は始まりました。

その当時、バランスボールはスイスでしか手に入らなかったことから「スイスボール」と呼ばれていたほど。1970年代にはアメリカでも、小児麻痺のリハビリツールとして使用されるようになります。

このように、バランスボールはそもそも障害を持った子どもの治療用具として使われてきたという歴史があるのです。バランスボールの効果で脳が機能改善すると考えられていたのがその理由になります。

バランスボール効果で効率アップ

脳の中でバランス感覚を司る器官が小脳です。バランスボールで体を不安定な状態にすると小脳が働き、その周囲の血行がよくなります。脳の血行がよくなれば、脳に多くの酸素と栄養素が送り込まれるということです。

こうしてバランスボール効果で血流がアップすると、低下していた機能が活性化。これが脳の機能改善に効果があると考えられていた理由です。

つまり、バランスボールを使うことで脳の血流がアップすることは確実。血流がアップすれば脳が活性化します。バランスボール効果で仕事や勉強が効率アップするのは、このような医学的な裏づけがあったのでした。

■「バランスボールの効果」おすすめ記事
バランスボールで腹筋を鍛えるにはコツがあった
バランスボールで腹筋を鍛えるための基礎知識
バランスボールで腹筋を本気で鍛える方法とは?
バランスボールは腹筋だけでなく脳ミソも鍛える
バランスボールで腹筋を鍛えてダイエットする
バランスボールで腹筋を鍛えて一週間で5cm減

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事