ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腸内環境改善に効果があるヨーグルト調味料とは

腸内環境改善に効果がある発酵食品の賢い食べ方として、調味料として使う方法があります。たとえば、フランクフルトの調味料としてケチャップやマスタードの代わりに、ヨーグルトをつけて食べるのです。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
腸内環境改善に効果があるヨーグルト調味料とは

腸内環境改善のポイントは乳酸菌

実際に食べてみると、意外にもおいしい組み合わせ。食べる前に5~10分ほど漬け込んでおくと、もっと肉が柔らかくなって風味がより出てくるでしょう。普通に食べるよりもさっぱりと食べられます。

腸内環境改善のポイントはヨーグルトに含まれる乳酸菌です。乳酸菌は肉を分解する作用が強いもの。とくに温かい肉は乳酸菌によって急速に分解されて、消化されやすくなるのです。乳酸菌も増えて腸内環境の改善効果がアップします。

同じような腸内環境の改善効果は、ヨーグルトと野菜サラダの組み合わせでも得られます。ヨーグルト風味のサラダなどもありますが、ここでは野菜はいったん電子レンジなどで加熱するのがおすすめです。

腸内環境の改善にヨーグルト調味料

温野菜にすることで、野菜の中に乳酸菌が入りやすくなります。発酵も進みやすくなるため、乳酸菌の量も多くなって腸内環境の改善効果が倍増するというわけです。

ヨーグルトは腸内環境の改善によい調味料と考えましょう。肉に調味料として使えば、肉を柔らかくして消化しやすくしてくれるだけでなく、腸内で善玉菌を増やしてくれるのです。また、温かい食材ほど乳酸菌は活発になります。

また、食後にお茶を飲むことも腸内環境を改善する秘訣。冷たいものばかり食べていると体の内部が冷え、腸の動きを鈍くしてしまいます。そのためにも、体の中からしっかり温めることも大切なのです。

■「腸内環境改善」おすすめ記事
腸内環境が改善するインナーマッスルの鍛え方
腸内環境を改善!プレ歯磨きからリンゴ牛乳まで
腸内環境改善に効果的な発酵食品の食べ方とは
腸内環境改善のためのセルフチェックと美腸体操
腸内環境改善に効果的な「ダブル発酵」とは?

■「腸内環境」おすすめ記事
免疫力アップには腸内環境をよくすることが重要
腸内細菌のバランス「2:1:7」は何を意味する?
腸内細菌を元気にする特製ヨーグルトセーキ
水太りする原因は腸内細菌が肥満型だから!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事