ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルを減らすなら脂質と糖質に注意

内臓脂肪レベルを減らすなら、食べたものがどのように脂肪に変わっていくかを理解するこいとが大切。内臓脂肪の中身を知らなくては、内臓脂肪レベルは減らすことができません。そして、内臓脂肪レベルを減らすなら、脂質と糖質に注意外必要になります。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを減らすなら脂質と糖質に注意

内臓脂肪レベルを減らすポイント

人間の3大栄養素が「タンパク質・脂質・糖質」です。いずれも体内で代謝されて中性脂肪になります。ただし、タンパク質は脂肪になりにくい栄養素。一方の脂質は、中性脂肪になりやすい栄養素です。

そして、糖質はエネルギーとして燃えますが、余って使われなかった分は脂肪に変身します。余分な脂肪はまず肝臓、次に内臓脂肪、最後に皮下脂肪として蓄えられていくのです。

つまり内臓脂肪レベルを減らすポイントは、脂質や糖質を必要以上に摂りすぎないことにあります。糖質は燃やせば脂肪として溜まりませんから、自分が燃やしきれる量だけ摂ることが重要です。

内臓脂肪レベルは脂身抜きで減らす

まず脂質については、絶対量を減らすことが先決。内臓脂肪レベルを減らすなら、肉類は脂身抜きで食べるのが正しい選択です。逆に、脂身が判然としない魚類は注意が必要。焼いて煙が出る魚は中性脂肪が多いと考えてください。

糖質で中性脂肪になりやすいのは単純糖質と呼ばれるものです。いわゆる砂糖などのショ糖や、果物に含まれる天然の糖である果糖などの甘い糖質になります。

同じ糖質でも燃焼度が高く、中性脂肪になりにくいのがご飯や麺類、イモ類などに含まれる多糖類です。内臓脂肪レベルを減らすなら果糖やショ糖の多いお菓子や果物より、ご飯やイモ類を摂るのが正しい選択といえるでしょう。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事