ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルは肉や脂を摂らなくても上がる

こってりした食事とあっさりした食事なら、あっさりした食事が太らないと思いがち。しかし、必ずしもそうとは限らないのが現実です。じつは内臓脂肪レベルを落とすなら、あっさり系のそば屋よりこってり系のトンカツ屋を選んだほうがよいのでした。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルは肉や脂を摂らなくても上がる

内臓脂肪レベルを上げる炭水化物

あっさりした食事が太らないとは限りません。たとえば「うどんとおにぎり」や「そばといなりずし」などのセットはその典型例でしょう。炭水化物に偏った食事は内臓脂肪レベルを上げてしまいます。

炭水化物はブドウ糖になって消化・吸収されて、私たちのエネルギー源になるもの。食事を取ると血液の中に糖が放出され、血糖値が上昇します。

血糖値が上昇すると、今度は血糖値を下げようとして膵臓からインスリンが分泌。インスリンが血液中の糖を細胞内に送り込み、細胞内に取り込まれた糖はインスリンによって脂肪に作り変えられるのです。

内臓脂肪を下げるステーキセット

炭水化物の糖はこうして血管から体内に吸収され、脂肪細胞にいったん蓄積されます。ただし、脂肪細胞の数は決まっているため、エネルギーとして使われなかった糖で脂肪細胞が肥大化。お腹まわりの内臓脂肪として蓄積されるのです。

すなわち、肉や脂などを摂らなくても炭水化物だけでも内臓脂肪レベルは上がるということ。内臓脂肪レベルを下げるなら、炭水化物ばかり食べる食事は避けるべきでしょう。

このため、ラーメンライスや丼と麺セットなど「麺+ごはん」のダブル炭水化物は内臓脂肪レベルを上げやすい食事。内臓脂肪を下げるなら、トンカツ定食やステーキセットのほうがまだましです。タンパク質や野菜も一緒に摂れるため、栄養に偏りがなくヘルシーでしょう。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事