ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

バレエダイエットでインナーマッスルを鍛える

スポーツクラブのバレエレッスンが人気です。ダイエットにバレエを始める人も増えています。バレエがダイエットに効くのはインナーマッスルに理由があります。インナーマッスルは姿勢を維持するための筋肉。美しい姿勢を保つバレエは、インナーマッスルの鍛え方に最適なのです。



スポンサーリンク
バレエダイエットでインナーマッスルを鍛える

バレエダイエットで痩せる4つの理由

舞台の上で華麗に踊っているバレエダンサーですが、バレエにはかなりの筋力が必要。バレエダンサーが高く足を上げたまま美しい姿勢を保てるのは、インナーマッスルをしっかり鍛えているからです。

バレエで鍛えられるのはアウターマッスルではなくインナーマッスル。だからこそバレエダンサーは筋骨隆々ではない、しなやかなボディラインをキープしているのです。

バレエダイエットで痩せる理由は4つあります。1つは、目に見える筋肉ではなく奥深くにあるインナーマッスルを強化すること。ボディビルダーのような外側の筋肉ではなく、内側にある柔軟性の高いインナーマッスルを鍛えます。

バレエダイエットで可動域が拡大

バレエダイエットで痩せる2つめの理由は、全身をバランスよく鍛えることです。二の腕などの特定の部位にとらわれず、まずは全身の筋肉にくまなく意識を向けます。すると、自然に部分的な脂肪もダイエットされるのでした。

骨盤の位置を矯正してゆがみをなくすことが、バレエダイエットで痩せる3つめの理由です。骨盤は体を支える中心部分。姿勢や代謝に大きく影響します。インナーマッスル強化の副次的な効果として、ゆがんだ骨盤が正しい位置に戻るのです。

バレエダイエットで痩せる4つめの理由は、関節の柔軟性を高めることにもあります。とくに足の付け根の柔軟性が高まることで股関節の可動域が拡大。日常生活の動作の消費エネルギーが増えていくのでした。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。