ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルを減らすPFCバランスって何?

これまでのダイエットはカロリー制限が常識でした。食事の摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、カロリー収支がプラスに転換。このプラス分のカロリーが内臓脂肪として蓄積するという考えです。しかし、内臓脂肪レベルを減らすには三大栄養素のバランスが大いに関係します。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを減らすPFCバランスって何?

内臓脂肪レベルを減らすバランス

内臓脂肪レベルを効率的に減らすには、カロリーの中身も見直すべきというのが最近の傾向。カロリーになるのは糖質・脂肪・タンパク質の三大栄養素です。そこからどんな割合でカロリーを摂るかを、PFCバランスといいます。ちなみにPFCは、「Protein・Fat・Carbohydrate」の頭文字。それぞれ「タンパク質・脂肪・糖質」を意味しています。

日本人はご飯などの糖質から60%近いエネルギーを摂りますが、これは明らかにPFCバランスがアンバランス。糖質を減らしてタンパク質と脂肪を増やしたほうが、内臓脂肪レベルを減らしやすいのです。

というのも、糖質を過剰に摂るとインスリンというホルモンが膵臓から分泌されます。インスリンは血糖値を下げるホルモン。糖質を含む食事をすると糖質はブドウ糖に変わり、血中に出て血糖値が上がります。

内臓脂肪レベルを効率的に減らす

インスリンの役目は、エネルギーとして消費されなかった血糖を、筋肉や肝臓へ運んでグリコーゲンという物質に変えて貯蔵。こうして、上がった血糖値を正常レベルまで下げるのです。

しかし、筋肉と肝臓に溜められるグリコーゲンはそんなに多くありません。3食ともご飯から糖質を摂っていると、グリコーゲンのタンクは常に満杯状態になってしまいます。

そして、それをタンクの容量を超えた血糖を一手に引き受けるのが脂肪細胞。血糖はインスリンの作用で体脂肪に合成されるのです。このようにカロリーの中身のバランスを考えることが、内臓脂肪レベルを効率的に減らす方法なのでした。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事