ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インナーマッスルの鍛え方「パレオダイエット」

パレオダイエットとは、原始時代をイメージしてちょっと不便な方法を選ぶことで、ふだん使わない筋肉を鍛えるというもの。歩きと自転車なら、もちろん歩きを選びます。とはいえ、パレオダイエットでは歩き方にも工夫があります。パレオダイエットによるインナーマッスルを紹介します。



スポンサーリンク
インナーマッスルの鍛え方「パレオダイエット」

インナーマッスルの鍛え方は土の上

パレオダイエットによるインナーマッスルの鍛え方はスニーカー選びからです。スニーカーはなるべく靴底の薄いものを選びます。すると素足に近い感覚を得られるだけでなく、足の指を動かしやすいために土や芝生の上で地面をつかみやすくなるのです。

歩く場所は舗装された道路ではなく、なるべく土の上を歩くようにしましょう。不安定な道を歩くと、自然と体幹でバランスを取ろうとするもの。姿勢を維持するインナーマッスルを鍛えることができます。

実際に土の上を歩くときは、上半身の位置をキープしたまま足の動きで道の起伏に対応するイメージが大切。こうすることでさまざまな角度からインナーマッスルを刺激することができるのです。

インナーマッスルを刺激する姿勢維持

パレオダイエットによるインナーマッスルの鍛え方では、路肩にある縁石や段差なども利用します。わざと不安定な場所を歩くことで、姿勢維持を繰り返してインナーマッスルを刺激するのです。

また、インナーマッスルの鍛え方としては骨盤ウォーキングもおすすめ。骨盤ウォーキングは腰骨のでっぱりを意識して、そのでっぱりごと足を前に出す歩き方になります。お尻全体を前に出すイメージです。

普通に歩くと使われる筋肉は足の一部分。しかし骨盤ウォーキングなら足だけでなくお尻の筋肉まで総動員することになります。インナーマッスルの鍛え方にとどまらず、太ももやお尻の筋トレにもなるのです。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる
インナーマッスルを鍛えるとお腹周りが細くなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事