ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルに効くオリーブオイルの選び方

内臓脂肪レベルに効くオリーブオイルの選び方を紹介しましょう。それは、新鮮なオリーブオイルを圧搾して作られる「エクストラヴァージンオイル」を選ぶこと。じつは普通のオリーブオイルは、内臓脂肪レベルにはほとんど効果が期待できなかったのです。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルに効くオリーブオイルの選び方

内臓脂肪レベルに効果が期待できない

エクストラヴァージンオイルには抗酸化作用の強いポリフェノールなどが豊富に含まれているため、体内で脂肪細胞が増加するのを抑制してくれます。しかも、加熱に強いので炒めたり焼いたりする料理にも使用可能。内臓脂肪レベルに効果のある油として幅広く利用できます。

ただし、エクストラヴァージンオイル以外の普通のオリーブオイルは、有効成分が取り除かれてしまっているものがほとんど。内臓脂肪レベルには効果がほとんど期待できないのです。

普通のオリーブオイルは品質もピンキリ。内臓脂肪レベルに効かせたいなら、表示ラベルなどを見てなるべく質のよいものを選ぶようにしましょう。

内臓脂肪レベルに効果のあるアマニ油

内臓脂肪レベルに効果のある油としては、α-リノレン酸のアマニ油やエゴマ油もおすすめです。血液中の中性脂肪の増加を抑えて、血圧を下げる効果があります。

このため、アマニ油やエゴマ油はダイエットにピッタリ。ただし、どちらも熱を加えると酸化してしまうので、冷蔵庫で低温保存してドレッシングなどでそのまま使うのがおすすめです。

なお、これまで動物性脂肪より植物性脂肪のほうが健康によいとされてきました。しかし現在では、コーン油やベニバナ油などに含まれるリノール酸の摂りすぎは肥満につながるとされています。これらは内臓脂肪レベルに効果のない油と覚えておきましょう。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事