ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋の筋トレに最適なヒップリフトのやり方

腹横筋の筋トレに効果的なのが、じつはヒップリフトです。ヒップリフトはお尻の筋肉を鍛えるイメージですが、筋トレしづらいインナーマッスルである腹横筋を鍛えるのにも効果を発揮します。腹横筋の筋トレに最適なヒップリフトのやり方を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
腹横筋の筋トレに最適なヒップリフトのやり方

腹横筋を筋トレするヒップリフト

仰向けに寝た姿勢から、骨盤を持ち上げて体をまっすぐに保つエクササイズがヒップリフトです。ポイントは腹横筋をしっかり使って、お尻が落ちたり腰が反ったりしないようにすることです。

腹横筋を筋トレするヒップリフトのやり方を詳しく見てみましょう。まず両足を軽く開いて仰向けになって、ひざを直角より曲げます。腕は手の平は上向きにして、体に沿って床につけたら準備完了です。

このとき、胸を張って両肩を床に押し付けるようにすることがポイント。床につけた背中は左右の肩甲骨をしっかり寄せてください。

腹横筋を中心にお腹まわりを意識

この姿勢から、肩と股関節と膝が一直線になるように骨盤をリフトアップ。とくに腹横筋に力を入れて、お腹が出ないように注意します。腹横筋を中心に、お腹まわりの筋肉を意識して使うようにしてください。

力を入れるのは腹横筋だけではありません。お尻から太もも裏にしっかり力を入れることもポイント。お尻が落ちないように5秒ほどキープするのです。

このあといったん元の姿勢に戻りますが、すぐにまた骨盤を持ち上げてください。元の姿勢に戻すときは、お尻を床に下ろしきらないところまで。これを10回繰り返します。これが腹横筋の筋トレとなるヒップリフトのやり方です。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事