ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インナーマッスルの鍛え方をブランコで実践する

空中ブランコのような専用ブランコを使ってさまざまなエクササイズを行うのが「ブランコハイワークアウト」。、欧米から上陸した新感覚エクササイズです。このエクササイズの注目はインナーマッスルが鍛えられること。インナーマッスルの鍛え方として、公園のブランコで応用できます。



スポンサーリンク
インナーマッスルの鍛え方をブランコで実践する

インナーマッスルの鍛え方は楽な運動

インナーマッスルは、アウターマッスルと対になる言葉。体の表面にあるアウターマッスルが骨格を大きく動かすのに対して、体の奥にあるインナーマッスルの役割は姿勢の維持や大きな筋肉の動きのサポートです。インナーマッスルを鍛えておくと基礎代謝がアップ。ダイエット体質になります。

インナーマッスルは、筋トレのような負荷の高い運動では鍛えられません。きつい運動というよりは、楽な運動で鍛えることができます。インナーマッスルの鍛え方は、きつくないため続けやすいことが特徴です。

それでは、ブランコハイワークアウトによるインナーマッスルの鍛え方とは、どんなものなのでしょう? 使用するのは空中ブランコのような専用ブランコ。このブランコに自分がいまだかつてないほど、一番きれいな姿勢で座ります。

インナーマッスルの鍛え方を応用する

こうして不安定な場所で姿勢を維持することで、体幹のインナーマッスルを鍛えるのがブランコハイワークアウト。ひざが下がり気味になるので、なるべく高い位置をキープします。

そして、背筋を伸ばして胸を張ったらブランコから手を離すのです。まずは5秒間。お腹で体を引き上げるイメージで、しっかり姿勢をキープします。ひお腹まわりの引き締め効果も期待できるでしょう。

このエクササイズは、公園のブランコでも実践できるインナーマッスルの鍛え方として応用可能。まず背筋を伸ばして正しい姿勢でブランコに座ります。ひざを揃えてお腹にひきつけ、片手を離して正しい姿勢をキープするのです。慣れてきたら両手を離してみましょう。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる
インナーマッスルを鍛えるとお腹周りが細くなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事