ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腹横筋はいわばお腹に収まったサッカーボール

腹横筋はいわば、お腹に収まったサッカーボールです。骨格が脊椎しかない腹部にあって、内圧を高めることで体幹を安定させる役割があります。腹横筋が衰えることは、サッカーボールはフニャフニャになるということ。これでは姿勢が安定するわけがありません。



スポンサーリンク
腹横筋はいわばお腹に収まったサッカーボール

腹横筋のボールが体を安定させる

インナーマッスルである腹横筋には、腹圧を高めるという大事な役割があります。とくに体を安定させて動作するときには、腹横筋がしっかり収縮して腹圧が高まることが必要です。

この腹横筋の役割は、いわばお腹にサッカーボールが収まっているようなもの。下腹部に体を安定させるための腹横筋のボールがあると考えるのとよいでしょう。

腹横筋のボールの内圧が上がることによって、体の胴体部分の体幹が安定。土台がしっかりすることによって、さまざまな動作が行いやすくなります。腹横筋の強化がスポーツパフォーマンスの向上に直結する理由です。

腹横筋に正しい姿勢を維持する役割

腹横筋は非常に薄い筋肉ですが、スポーツ選手の場合は一般人に比べて厚くて強力。驚くほどの強い引き込みで、腹部の断面が固くなります。すると体軸や土台が安定。スポーツパフォーマンスが向上します。

腹横筋には、正しい姿勢を維持する役割もあります。まっすぐに立ったつもりでも、左右の肩の一方が下がっている人は多いもの。骨盤などの骨格の問題もありますが、腹横筋がバランスよく使えないことでもおこります。

肩の一方が下がっている状態は、腹横筋というボールの内圧が下がって一方がへこんでいるようなもの。このため腹横筋を鍛えることは、全身のバランスを整えることにもつながるのでした。

■「腹横筋」おすすめ記事
腹横筋が腹筋インナーマッスルで最重要な理由
腹横筋のコルセット効果でウエストを引き締める
腹横筋の鍛え方は仰向けになって首を持ち上げる
腹横筋はスポーツでも重要な役目を果たしている

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事