ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルを下げる温泉の楽しみ方がある

内臓脂肪レベルを下げる温泉の楽しみ方を紹介しましょう。溜まった疲れだけでなく、溜まった内臓脂肪も温泉で落とすことができます。温泉で温まれば代謝がアップ。このときにちょっとした運動を加えるだけで、内臓脂肪レベルを下げることができるのでした。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを下げる温泉の楽しみ方がある

内臓脂肪レベルを下げる温泉の運動

さっそく、内臓脂肪レベルを下げる温泉の楽しみ方を紹介していきましょう。そもそも内臓脂肪レベルを下げるためには、まず代謝を上げなければなりません。

まず温泉で温かいお湯に入れば代謝がアップします。このときに運動することで、内臓脂肪レベルを下げることが可能。そのためには、温泉に入りながら動くと効果的です。

運動といっても、筋トレのような動きをするわけではありません。温泉に浸かりながら手足をぶらつかせるだけで十分です。温泉のフチ腰掛けて下半身だけ浸かりながら、足を前後に動かすだけでも効果があります。

内臓脂肪レベルを楽しみながら下げる

温泉の楽しみ方で忘れてはならないのが食事。ここでも楽しみながら内臓脂肪レベルを下げられます。といっても、ご飯などの炭水化物の食べすぎにだけ注意するだけです。

温泉の食事を楽しみながら内臓脂肪レベルを下げるなら、牛の赤身肉がおすすめ。赤身肉に含まれるL-カルチニンが脂肪の燃焼を促します。そのほか、あまり油が使われていないメニューを選ぶとよいでしょう。

内臓脂肪レベルを下げるには食べ方もポイント。脂肪はたくさん食べて余った栄養から作られます。このため、ゆっくり食べるようにするのです。満腹中枢が刺激されて、少ない量でも満腹感を得られます。これが内臓脂肪レベルを下げることにつながるのです。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事