ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋トレーニングに骨盤ひねりウォーキング

大腰筋トレーニングには「骨盤ひねりウォーキング」が最適です。大腰筋は意識することが難しいインナーマッスル。普通の動きでは大腰筋をトレーニングできないのです。そこで、骨盤を上下と前後にひねりながら歩くようにします。すると大腰筋がトレーニングできるのです。



スポンサーリンク
大腰筋トレーニングに骨盤ひねりウォーキング

大腰筋トレーニングに骨盤ひねり

大腰筋は背骨と足の付け根とを結んでいるインナーマッスル。おもに足を上げる動作に関わっています。大腰筋をトレーニングすると腰とお腹のバランスが改善。姿勢がよくなってお腹がへこむのです。

とはいえ、インナーマッスルは手で触れることができない筋肉。意識しづらいため、トレーニングするのが難しいのです。もちろん大腰筋もその例に漏れません。

そこで、大腰筋トレーニングに最適な骨盤ひねりウォーキングを紹介しましょう。基本的には、骨盤を上下と前後にひねりながら歩くことで、大腰筋をトレー任します。

大腰筋トレーニングで下半身太り解消

まず立った姿勢で足踏みをすると同時に、上げた足の側の骨盤を上下に動かします。上げた側の骨盤を引き上げるイメージです。

それができたら、今度は骨盤を上げると同時に骨盤を前後にひねりを加えます。引き上げた骨盤を前にひねりながら足を出して、歩いていくのです。この骨盤の動きのまま歩くのが骨盤ひねりウォーキングになります。

これで腰全体を支える大腰筋をトレーニングしながら、歩くことが可能。20分の骨盤ひねりウォーキングを1日2セットほど行うと効果的でしょう。大腰筋トレーニングは女性に多い下半身太りを解消できるだけでなく、高齢になっても腰がまっすな状態をキープできるなどの効果を発揮します。

■「大腰筋トレーニング」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!
大腰筋トレーニングは階段飛ばしが効果的!

■「腸腰筋」おすすめ記事
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事