ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

空き巣が狙う時間は深夜でなく午前10~12時

マンションの4階以上に住む人は、正面玄関に気をつけなければなりません。4階以上に住む人と3階以下に住む人では、どちらが「進入窃盗(空き巣)」に入られるかというと、「3階以下が約26%」の一方、「4階以上が約11%」なのです。『ホンマでっか!?TV』で紹介されていました。



スポンサーリンク
空き巣が狙う時間は深夜でなく午前10~12時

空き巣被害は夜間よりも日中に多い

さらに、その空き巣の侵入口について見てみると、3階以下は窓が圧倒的であるのに対して、4階以上は正面玄関が約44%なのです。多くの人は「空き巣」というと、手ぬぐいを頭にかぶるいわゆる泥棒のような服装をイメージしがち。しかし最近では、セールスマンやホームパーティを装って、正面玄関から侵入するのだとか。

しかも、上の階は逆に外から様子を伺われないため、昼間に狙われる場合がほとんど。ゴミ出しやバスの送り迎えの時間帯を狙って、そのわずか10分ほどの時間に侵入するのです。

実際、空き巣被害は夜間よりも日中に多いというデータがあります。たとえば、朝8時という時間帯ですら夜間よりも空き巣件数が多いのです。空き巣被害のピークは午前10~12時なのでした。

空き巣の警戒を軽視しがちな4階以上

空き巣というのは、事前に下見をしているもの。さらに、空き巣同士のネットワークで情報が流通していることもあります。

外出する自分の姿を見られても、部屋番号はわからないから大丈夫…と思うのは早計です。また、ポストにシールが貼られていた利したら要注意。空き巣同士が仲間に知らせる合図として使っている場合があります。

4階以上の住人は、どうしても空き巣への警戒を軽視してしまいがち。正面玄関を含めて、しっかり警戒したいものです。

■「ホンマでっか!?TV」おすすめ記事
足の筋力が弱い島崎和歌子は「要介護」確定
日本人は世界でも有数の引越しをしない民族
夫は小遣い1万で妻は豪遊…離婚裁判の行方は?
口臭予防に効果がある「パタカラ運動」とは
タバコの臭いを服からも髪からも消し去るワザ
乳癌の予防は1日1時間のウォーキングで効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事