ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

営業のコツは売るときに択肢を3つ以上用意する

あるものについて「ほしい」か「ほしくないか」と聞くと、たいていの人は「ほしくない」を選ぶもの。しかし選択肢が3個以上のあるとき、人は否定ではなく「選択」をしたくなる習性があります。これが、ものをを売るときの営業のコツです。『ホンマでっか!?TV』で紹介されていました。



スポンサーリンク
営業のコツは売るときに択肢を3つ以上用意する

営業のコツを応用して異性を口説く

ものを売るときに営業のコツとして「いりますか?いりませんか?」と聞くのは得策ではありません。「Aですか?Bですか?Cですか?」という選択肢を用意して質問するのです。

この営業のコツを応用すれば、異性を口説くときに「デートしませんか?」という質問は効果薄。「映画?ドライブ?遊園地?」といったように、選択肢で選ばせるように聞くと効果があるかもしれません。

ただし、選択肢はやみくもに多ければよいわけではないとか。人は20個以上選択肢がると、選びたくなくなる生き物なのです。この点も営業のコツとして忘れてはいけません。

営業のコツは選ぶように仕向ける

選んでもらうとしたら、8~9個の選択肢が限界といいます。これは男女どちらにも当てはまります。

つまり、営業のコツとして選択肢を用意するなら「1個よりも3個」にするのが基本。これで、どれかを選ぶように仕向けることが可能になるということです。

さらに選択肢を「8~9個」にすると、もっとよく考えて選ばせることになります。ただし「20個以上」になると、やる気がなくなってしまうので注意しましょう。

■「ホンマでっか!?TV」おすすめ記事
足の筋力が弱い島崎和歌子は「要介護」確定
日本人は世界でも有数の引越しをしない民族
夫は小遣い1万で妻は豪遊…離婚裁判の行方は?
口臭予防に効果がある「パタカラ運動」とは
タバコの臭いを服からも髪からも消し去るワザ
乳癌の予防は1日1時間のウォーキングで効果

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事