ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ほくろ除去の値段が5千円のバイポーラ式とは?

メスを使えば大きなほくろも完全に除去できますが、縫い傷が残ってしまいます。そんななか、メスを使わず傷跡を残さないほくろ除去手術に50代女性が殺到。それがバイポーラ式ほくろ取り。ほくろ除去の値段が5千円です。『私の何がイケないの?』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ほくろ除去の値段が5千円のバイポーラ式とは?

ほくろ除去手術のお値段5千円

女性に聞いた整形したい箇所ランキングでは、シワやたるみなど女性の永遠の悩みをおさえて「ほくろ」が第2位。ちなみに1位は「胴回りの脂肪」です。

「バイポーラ式ほくろ取り」なら、電気の力でほくろ表面を削り取るため、メスを使った施術とは違って傷跡が肌に残りません。直径2mm程度のサイズのほくろを除去するのにかかる時間は約5分です。

ほくろ除去手術のあと1週間程度で、表面の赤みが収束。これでほくろが消えてしまいます。お値段はたった5千円です。

ほくろ除去の値段5千円の施術

ほくろ除去の値段が5千円というバイポーラ式ほくろ取りの施術を詳しく見ていきましょう。今回は、腰骨の上あたりの人目に付きにくい部分にできたホクロがターゲットです。

まずは医師からほくろ除去の施術法の説明。アフターケアや保湿のケアをしないと、赤みが残ったりシミになったりすることもあります。ほくろ除去手術後にステロイドなどを使った塗り薬でしっかりケアしないと、皮膚に焼き跡が残りシミのようになってしまう可能性があるのです。

このため、過去にステロイドが原因で肌が過度に荒れた経験がある人は、このほくろ除去手術は受けられません。実際、施術を直前で断念する患者は、全体の約2割に上るといいます。

■「ほくろ除去」おすすめ記事
ほくろはレーザー治療でも再発する理由とは

■「ほくろ」おすすめ記事
ほくろは癌になる?ならない?本当はどっち?
「皮膚がん」と「ほくろ」の見分け方とは?
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
ほくろは癌にならないけど良性の腫瘍だった件
ほくろは刺激すると癌になる…は真っ赤なウソ
ほくろ毛を抜いてはいけない理由と大仏の関係
顔のほくろは隠すのではなく誘目色を使うべき

■「レーザー」おすすめ記事
注射器は「針」→「レーザー」に進化する!?
メソセラピー育毛はレーザーで毛根を刺激する

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事