ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

シュウ酸カルシウムが尿路結石となるメカニズム

尿路結石の元になるシュウ酸カルシウムの結晶は溶かすことができます。しかし、その塊である結石はどんな方法を試しても、ほとんど溶けません。シュウ酸カルシウムが硬く固まって尿路結石となるメカニズムを見ていきましょう。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
シュウ酸カルシウムが尿路結石となるメカニズム

シュウ酸カルシウムを固めて無毒化

尿路結石の成分を徹底分析すると「オステオポンチン」が結晶を強く結びつけ、硬く溶けにくくさせていることがわかります。オステオポンチンは結石にほんの数パーセントしか含まれていない物質です。

ここで腎臓の中を詳しく見てみましょう。そもそもシュウ酸は、体にとっては猛毒。細胞に付着すると酸化させ、炎症を引き起こして死なせてしまいます。この壊れた細胞から出るのがオステオポンチンです。

オステオポンチンはいわばシュウ酸の対抗策。オステオポンチンがシュウ酸カルシウムを固めて無毒化すると考えられています。

シュウ酸カルシウムが増えすぎた場合

ところが、シュウ酸カルシウムが増えすぎた場合、オステオポンチンも大量に出現。結晶をどんどん固めるために、石もどんどん大きくなるのです。その結果、尿管に入ると激痛を引き起こすような危険なサイズとなった結晶を作ってしまいます。

ここで、オステオポンチンはシュウ酸が来て細胞が壊れて発生するもの。シュウ酸が来たときに細胞が壊れないようにすれば、おのずとオステオポンチンの発生が抑えられるというわけ。それに有効なのが抗酸化物質なのです。

このため尿路結石の対策には、抗酸化作用が高い食品を食べることが効果的。抗酸化作用が高い食品には、お茶や青魚、大豆、ブルーベリーやバナナなどの果物、カボチャやニンジンなどの野菜類がよいとされています。

■「尿路結石」おすすめ記事
腰の痛みの原因は十二指腸潰瘍か尿路結石かも!?
尿路結石の痛みはシニア男性だけとは限らない
シュウ酸カルシウムの結晶の集合体が尿路結石
尿路結石の予防に効果のあるアルカリ性食品とは
尿のPHが5.5以下だと尿路結石に注意が必要

■「尿」に関するおすすめ記事
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!
尿検査の潜血反応は必ず再検査を受けるべし
血尿の色は真っ赤じゃないほうがむしろ危険
尿の色ではわからない「見えない血尿」とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事