ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

尿路結石の痛みはシニア男性だけとは限らない

尿路結石の痛みは実際に経験した人に聞くと「痛すぎて吐くほど」「痛くて死ぬかと思った」というほど。この尿路結石が現在、急増中。日本人の10人に1人は経験するといいます。実際、この4年間で尿路結石の患者数は3倍にも増加しているのです。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
尿路結石の痛みはシニア男性だけとは限らない

尿路結石の痛みに襲われた主婦

尿路結石の痛みと聞くと、男性でシニア世代というイメージがあるもの。しかし、それはただのイメージでしかありません。横浜に住む41歳の主婦はつい最近、尿路結石の痛みに襲われました。

本人も男性に多い病気だと聞いたことがあったため、まさか自分が尿路結石になるとは思っていなかったとか。しかも、40代前半で尿路結石ができることが意外だったと振り返ります。

それは半年ほど前のある日、朝からお腹に感じたことのない違和感がありました。ところが、その日の午後、激痛が襲います。それは内臓からグーッと臓器を絞るような激痛でした。

尿路結石の痛みの犯人は2mmの石

本人曰く、出産を超えるような痛みだったかもしれないとのこと。いままで生きてきて、ここまで痛いというのは初めてです。

痛みで呼吸ができず体がしびれ、意識が薄れていきました。緊急の検査をしたところ、原因は尿路結石。すぐに痛み止めが打たれました。そして治療はせず、様子を見ることになったのです。

その後もたびたび痛みに襲われた主婦。苦しみから解放されたのは5日後の朝でした。尿に違和感を感じて便器をのぞくと、出てきたのは石。直径わずか2mmほどの石が尿路結石の痛みの犯人でした。

■「尿路結石」おすすめ記事
腰の痛みの原因は十二指腸潰瘍か尿路結石かも!?
シュウ酸カルシウムの結晶の集合体が尿路結石
尿路結石の予防に効果のあるアルカリ性食品とは
尿のPHが5.5以下だと尿路結石に注意が必要
シュウ酸カルシウムが尿路結石となるメカニズム

■「尿」に関するおすすめ記事
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
尿検査前日は野菜や果物のとりすぎに注意!
尿検査の潜血反応は必ず再検査を受けるべし
血尿の色は真っ赤じゃないほうがむしろ危険
尿の色ではわからない「見えない血尿」とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事