ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

入れ歯安定剤を長期連続使用するのが危険な理由

いくら虫歯になったとしても、最終的には入れ歯があるから安心と思っている人も多いはず。しかし、入れ歯は最終形と呼べるものではありません。また、いれば安定剤を長期連続使用するのも危険なのです。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
入れ歯安定剤を長期連続使用するのが危険な理由

入れ歯は定期メンテナンスが必要

実際には、入れ歯の歯はだんだんすり減っていくもの。ちょっとすり減っても、入れ歯は動くようになってしまいます。すると口の中に傷ができたり、あごの骨が減るようになってしまうのです。

じつは入れ歯は定期的なメンテナンスが必要です。だいたい半年に一度が目安になります。入れ歯のメンテナンスで行うのは、かみ合わせの調整。足りないところを足したり、強く当たっているところを削ります。

小さすぎる入れ歯にも注意が必要です。ポイントはピンク色の歯茎の部分。この部分が歯2本分ほど、歯茎部分が大きく作られているのが正しいサイズになります。

入れ歯安定剤の長期連続使用はNG

また、入れ歯安定剤の長期連続使用はNGです。入れ歯安定剤はそもそも、長い期間の使用を想定していません。また、入れ歯安定剤を使うと微妙なかみ合わせが狂うことがあります。

それをそのまま使っていると、あごの骨に悪い影響を及ぼすわけです。実際、入れ歯安定剤の使用上の注意には、長期連用しない旨が記載されています。

入れ歯安定剤は基本的には、新しい義歯を作って調整することを前提に、それまでの一時的なものとして使用するもの。逆にいえば、安定剤を必要としない入れ歯こそが正しい入れ歯ということです。

■「歯」おすすめ記事
虫歯より怖い「歯周病」の簡単チェック法!
歯周病と糖尿病の「負の連鎖」のメカニズム
生理前と妊娠中は「歯周病」になりやすい!
突然死の新原因「歯周病」が注目される理由
金属アレルギーの恐怖!歯の詰め物が口の中で溶け出している
過剰歯の割合は子ども100人に対して1人程度
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」
TCHが肩こりの原因!舌に歯型があったら要注意

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。