ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

天気痛は日本人の3人に1人が経験している病気

日本人の3人に1人が経験しているのが「天気痛」。天気が悪くなると、古傷がうずいたり持病が悪化する現象です。とはいえ、天気痛は経験していない人からはまったく想像がつかないもの。天気痛とはどういったものか、詳しく見ていきます。『ためしてガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
天気痛は日本人の3人に1人が経験している病気

天気痛予報をドイツ気象庁が提供

「天気痛は気のせい」という人もいるでしょう。しかし、ドイツでは実際に「天気痛予報」というものが存在。自分の住んでいる地域で、どんな痛みがどれくらい強くなりそうかを毎日、予測してくれるのです。

しかも、頭痛や関節痛など自分で痛みの種類を選んでみることができます。この天気痛の予報は、ドイツの気象庁が提供している公共サービスです。

天気痛の予報があるのはドイツだけではありません。ヨーロッパ各国、そしてアメリカでも国の機関による天気通予報のサービスがあります。

天気痛は痛みだけでなく腫れも

4年前に交通事故にあって右足を怪我して以来、天気が悪くなると足に痛みが出るという女性。台風が来るときなどは1週間前から痛くて痛くて仕方がないといいます。

しかも、この女性の天気痛の場合、痛みだけでなく腫れも引き起こすとか。足が膨らんできて、皮膚がツルツルになってしまうというのです。

実際、天気が下り坂のときの足を見せてもらうと、すねのあたりがツルツルの状態。足がパンパンに腫れていました。過去の足の写真を見せてもらっても、台風のときはふくらはぎから足首にかけてが赤く腫れています。このように赤く腫れた日は必ず天気が崩れるのです。

■「天気痛」おすすめ記事
天気痛は内耳にある気圧センサーの興奮が原因
天気痛治療は酔い止めを飲むタイミングが超重要
天気痛は週間天気予報を見るだけで治療できる
足の痛みの原因は雨の日におきる天気痛だった
天気痛への対処は予兆の段階での痛み止めが効く
天気痛が引き起こされるのは敏感耳が原因だった
天気痛の予防に効果的な耳マッサージのやり方
天気痛を改善する耳マッサージの効果を検証した

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事