ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

潰瘍性大腸炎の症状は「腹痛・下痢・血便」

潰瘍性大腸炎は厚生労働省が指定する難病のひとつ。患者数は年々増加しており、現在は14万人超です。潰瘍性大腸炎の原因は不明ですが、治療法は確立されています。潰瘍性大腸炎の症状は「腹痛・下痢・血便」と覚えておきましょう。『駆け込みドクター!』で取り上げられていました。



スポンサーリンク
潰瘍性大腸炎の症状は「腹痛・下痢・血便」

潰瘍性大腸炎の症状に悩まされる

潰瘍性大腸炎は、大腸に炎症がおこる病気。初期症状は「腹痛・下痢・血便」です。潰瘍性大腸炎は10代後半から20代に発症者が多いのが特徴になります。

潰瘍性大腸炎がなぜ難病かというと、まず第一に原因がわかっていないから。原因がわかっていないからこそ、いつおこるかわからない腹痛や便意とった潰瘍性大腸炎の症状に悩まされるのです。

潰瘍性大腸炎は重症化するにつれて発熱や体重減少、腹痛、貧血などが現れます。どんどんトイレの数が増えて、1日20~30回も行くようになるのです。人によっては一週間で6kgも痩せることもあるといいます。

潰瘍性大腸炎の症状は薬で抑えられる

とはいえ、潰瘍性大腸炎の原因はわかっていませんが、治療方法は確立されています。潰瘍性大腸炎の症状は薬で抑えられるのです。

このため、食事や運動含めて制限をほとんどすることなく生活することが可能。薬で症状をほとんど抑えられる一方で、悪化させないためには薬を飲み続ける必要があります。

潰瘍性大腸炎の症状は「腹痛・下痢・血便」です。これらの症状が一週間以上続く場合は、専門医に相談するようにしましょう。

■「潰瘍性大腸炎」おすすめ記事
高橋メアリージュンも悩んだ潰瘍性大腸炎の症状
潰瘍性大腸炎の症状に便移植の臨床試験が始まる
潰瘍性大腸炎の症状が「便移植」で改善した症例
潰瘍性大腸炎はまだ完治が難しい難病指定の病気
完治しない潰瘍性大腸炎の治療に便移植が有効

■「大腸炎」おすすめ記事
血便の原因は便秘?虚血性大腸炎の症状と治療

■「大腸」おすすめ記事
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法
血便の原因が大腸がん…と思ったときの対処法
見逃すと危険!新タイプの「大腸がん」とは
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事