ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

子宮内膜症の治療は副作用のない低用量ピル

子宮内膜症は自覚症状があるにもかかわらず、病院にさえ行っていない人がほとんどその患者数は40年前と比べる30倍にもなっています。子宮内膜症の原因と治療法を見ていきましょう。『THEセンタク』の「あの病気になったらどうなる?」で紹介されていました。



スポンサーリンク
子宮内膜症の治療は副作用のない低用量ピル

子宮内膜症を放置で不妊症になる

子宮内膜症は月経のある女性特有のもの。月経のある女性の10人に1人がかかるといわれています。しかも、この痛みが体のあちこちに次々に現れるとか。下腹部や肺、足の付け根、太ももに激痛が走るケースもあります。

子宮内膜症の症状の特徴は激痛。痛みの感じ方はさまざまです。針で刺すような痛みだったりハンマーで叩かれたような痛み、はたまた雑巾が絞られるような痛みと表現する人もいます。

子宮内膜症を放置しておくと不妊症となるケースも多く、最悪は卵巣や子宮の切除・摘出に至ることも…。しかし、生理痛がひどいと思う女性のうち、病院に通院しているのはわずか15%ほどです。

子宮内膜症の治療は低用量ピル

子宮内膜症の治療は、一般的にピルを飲むことです。ただし、ピルに関しては誤解が多いのも事実。生理が止めるから妊娠に影響があると考えたり、副作用が重いと思っていたり…。

ピルをやめればすぐに排卵が始まって妊娠できますし、最近の低用量ピルはほとんど副作用がありません。医師の指導の下で服用すれば、子宮内膜症の痛みが軽減されます。

子宮内膜症の治療で低用量ピルを飲むのは、排卵を止めて卵巣を休ませることが目的。子宮内膜症にかかりにくくなりますし、悪くなりにくくなるのです。

■「子宮内膜症」おすすめ記事
子宮内膜症チェックは閉経後の人も確認すべし
子宮内膜症の原因は女性の排卵回数の増加にある
子宮内膜症の痛みは子宮以外の臓器でおこるもの
子宮内膜症のチェックで卵巣がんを早期発見する

■「子宮」おすすめ記事
子宮頸がん検診は5年間隔「HPV検査」でOK
子宮頸がんワクチンは1回接種で十分な効果
子宮体がんの原因は太り気味の人ほど多かった
子宮頸がんの原因は閉経後でも安心できない

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事