ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ドライノーズは風邪をひきやすい人に共通の症状

寒くなると必ず風邪をひく人はいませんか? じつは風邪をひきやすい人には「ドライノーズ」という共通の症状があります。医学会でも注目されているドライノーズの症状と、それが風邪をひきやすくするメカニズムを見ていきましょう。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ドライノーズは風邪をひきやすい人に共通の症状

ドライノーズという共通の症状

冬になると風邪をひきやすくなるのは、寒さなどで免疫力が下がることで、感染した風邪ウイルスが体内で増殖。増殖した風邪ウイルスが人から人へと感染を広げていくためです。

しかし、寒くなると必ず風邪をひく人とまったく平気な人がいるもの。じつは近年の研究で、風邪をひきやすい人にはドライノーズという共通の症状があることがわかってきました。

ドライノーズとは、鼻の粘膜の乾燥すること。ドライマウス、ドライアイに続く第3の乾燥症として、ドライノーズは医学界でも注目されているのです。

ドライノーズで風邪をひきやすい

実際、寒くなると必ず風邪をひいてしまうという40~50代の男女10人が、ドライノーズかどうか調べてみました。鼻の粘膜を見てみると、白く乾燥している部分が散見されます。

風邪をひきやすい人は、鼻の粘膜が極度に乾いていたのです。10人中5人がドライノーズの状態でした。

一方で、5年も風邪をひいていないという50歳の女性の鼻の粘膜を見てみると、水分が多くてプルプルの状態。風邪をひきやすくする原因はドライノーズにあったのです。

■「ドライノーズ」おすすめ記事
ドライノーズで風邪をひきやすくなる理由とは?

■「風邪」おすすめ記事
風邪に効く食べ物「参鶏湯」の肉は食べちゃダメ
長引く風邪は鼻茸(はなたけ)という病気かも
インフルエンザと風邪の違いを見極めるポイント
風邪で熱が出たら厚着をして汗をかく…は間違い
風邪に抗生物質が効くのは細菌性の風邪だけ!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事