ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インフルエンザ対策には唾液マッサージが効果的

インフルエンザ対策には唾液マッサージが効果的です。インフルエンザウイルスの侵入を防ぐためには口の中を乾燥させないことが大切。しかも唾液には殺菌作用もあります。インフルエンザ対策に効果的な3つの唾液マッサージを紹介します。『解決スイッチ』で紹介されていました。



スポンサーリンク
インフルエンザ対策には唾液マッサージが効果的

インフルエンザ対策に唾液を分泌

インフルエンザ対策には、口の中を乾燥させないことが大切です。そこで、唾液の分泌をよくするマッサージを紹介しましょう。3つある唾液腺をそれぞれマッサージします。

歯を食いしばって軽く盛り上がるところが1つめの唾液線。ここは親指以外の4本の指を使って、ゆっくり回しながら奥から手前に持ってくるイメージでマッサージします。5回ほど回せば、おもしろいほど唾液が出てくるのがわかるでしょう。

インフルエンザ対策にマッサージする2つめの唾液腺は、あごのエラのすぐ内側あたり。ここを中指と薬指の2本の指で、ゆっくり回しながら手前に持ってくるようにマッサージするのです。

インフルエンザ対策にマッサージ

インフルエンザ対策にマッサージする3つめの唾液腺は、舌下腺といってべろの下側にあります。ここは両手の親指をあごの裏にあてて、べろを押し上げるようにマッサージ。これも5回ほど繰り返します。

なお、インフルエンザ対策には室内の湿度にも気をつけたいところ。部屋の湿度は50~60%くらいに保つのがベスト。インフルエンザウイルスの増殖を抑えて、かつのどの潤いを保つことができるのです。

家に湿度計がないときに、一定の湿度があるかを判別する目安があります。それがコップに氷水を入れたときの水滴です。室温22~23度の部屋で氷水を入れたコップを置いたとき、すぐに水滴がつけば湿度があるということ。水滴がつかないと、乾燥しているということです。

■「インフルエンザ対策」おすすめ記事
すぐ実践!インフルエンザの予防テクニック
インフルエンザ予防「着替え」も重要だった
インフルエンザを劇的に予防「あいうべ」とは?

■「インフルエンザ」おすすめ記事
インフルエンザの発症原因が「かくれ便秘」!?
インフルエンザでも熱が出ない人が増えている
自宅で診断!風邪とインフルエンザの違い
高齢者にインフルエンザワクチンは意味ナシ
インフルエンザに解熱剤を使うのは大間違い
インフルエンザの熱は38度台から解熱は不要
インフルエンザは食事を控えるのが正解だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事