ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

食事後の中性脂肪が高い隠れ中性脂肪を改善する

健康診断では異常がないのに、食事後の中性脂肪が高いのが「食後高脂血症」という病気です。中性脂肪が高いと心筋梗塞や狭心症になる危険性が高まります。食事後の高い中性脂肪改善する方法を紹介します。『ためしてガッテン』の「心筋梗塞を防ぐ新常識」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
食事後の中性脂肪が高い隠れ中性脂肪を改善する

食事後の高い中性脂肪の改善ポイント

食事後の中性脂肪が高い食後高脂血症を改善するポイントは、血液中の中性脂肪を分解する酵素「リポたんぱくリパーゼ」をいかに活性化できるかどうかにあります。その一番の方法は「運動すること」です。

そしてもう1つ、同じだけ重要なのが「内臓脂肪を減らすこと」。内臓脂肪は運動によって減るものなので、表裏一体といえるかもしれません。内臓脂肪を減らすなら、食べる量を減らすのが一番簡単な方法。また、動物性脂肪の摂取を控えることも有効です。

また、リポたんぱくリパーゼは筋肉組織を流れる毛細血管に多く存在しています。筋肉は多くエネルギーを使う部位であるため、そのぶんリポたんぱくリパーゼも多く存在するというわけ。このため、筋肉が増えればリポたんぱくリパーゼも増えるのです。

食事後の高い中性脂肪を下げる運動

食事後の高い中性脂肪を下げる運動といっても、めちゃくちゃ筋トレをする必要はありません。毎日1時間のウォーキングなどでも十分に効果があります。

実際、血液のにごりがあった人が2週間ウォーキングを実践したところ、見事に血液のにごりが改善していました。運動量の目安としては1日30分以上の早足ウォーキングです。

もう1つ、高い中性脂肪を改善するポイントは果糖を摂りすぎないこと。果糖は中性脂肪を高くする性質を持っています。甘いものを食べるのを控えたり、果糖が多く含まれる清涼飲料の摂りすぎに注意してください。

■「中性脂肪が高い」おすすめ記事
食事後の中性脂肪が高い「隠れ中性脂肪」が急増
中性脂肪が高い人は清涼飲料の表示に注意すべし

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事
内臓脂肪を減らすなら歩きを運動に変えればよい
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事