ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腕の重さが原因?「肩こり」がおこる仕組み

街行く人に聞いてみると、多くの女性がひどい「肩こり」に悩まされていました。しかし、ほとんどの人が病院へは行かず、自己流の対処法で済ませています。そもそも「肩こり」はどうしておこるのでしょうか? 1月30日放送『あのニュースで得する人損する人』で紹介されていました。



スポンサーリンク
腕の重さが原因?「肩こり」がおこる仕組み

片腕の重さは体重のおよそ12分の1

多くの女性が悩みを抱えている「肩こり」。厚生労働省の調べによると「女性が訴える体の不調」の第1位が「肩こり」なのです。ちなみに、2位は「腰痛」、3位は「関節痛」でした。

ヒトの構造上、腕はぜんぶ体からぶら下がっています。それを筋肉で支えているわけです。このため、ただ立っているだけでも常に腕を支えるために、筋肉は緊張しなければなりません。

片腕の重さは、体重のおよそ「12分の1」です。体重50kgの人なら、腕の重さだけで4kg以上ということになります。

肩の筋肉が酷使されて肩こりになる

そして、その腕の重さを肩の筋肉だけで支えているのです。つまり、人間は運動などしていなくても、起きているだけで肩の筋肉を酷使していることになります。

それにより疲労がたまっていくと、肩の筋肉が硬直。血管を圧迫して血流を悪くします。そして、血流の悪さから老廃物が溜まり、痛みの元を作り出すのです。

さらに、その痛みが刺激となって筋肉が硬直。その結果、ますます血流が悪くなり…という悪循環が、一般的な肩こりの原因なのです。

■「肩こり」おすすめ記事
「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?
肩こり解消!背骨のゆがみをタオルで矯正!!
肩甲骨のゆがみが「肩こり」を引き起こす!
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!
ひどい肩こりは「くも膜下出血」の危険アリ
猫背の肩こりを解消するゆがみリセット方法
四十肩・五十肩は「ぶらぶら体操」で治す!
五十肩を防ぐ!猫ストレッチ&ペンギン体操

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事