ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

糖尿病は手術でビックリするほど改善する!!

「糖尿病は一生治らない病気」といわれますが、じつは、糖尿病は「ある手術」をすることによってビックリするくらいよくなるものなのだとか!? それは「減量外科」というものです。1月22日放送の『ホンカでっか!?TV』で紹介されていました。



スポンサーリンク
doc

「減量外科」というのは世界ではすでにポピュラーな手術。重症肥満の人に対して、減量を目的として手術などを行うものです。胃の周りにバンドを巻いたり胃を切ったり、十二指腸や小腸を通らないようにバイパスをしたりします。

こういった手術は、世界中では年間に35万件以上も行われているもの。胃がんや大腸がんの手術よりも、はるかに多く行われてているのです。

そして、肥満体の糖尿病の人に対して減量外科の手術を行うと、手術前にはインスリン注射を自分で打たなければならない患者でも、手術後にはそれを打たなくてよくなるのです。これは、太っている糖尿病の人には効きますが、やせている糖尿病患者には効きません。

これは、体重が落ちるから糖尿病がよくなっているだけではなく、手術によって胃や腸の構造を変えることによって、糖尿病を改善するホルモンが大量に分泌されるようになるからです。場合によっては、手術後わずか3日で体質が改善される場合もあるといいます。

■「手術」おすすめ記事
先天性耳瘻孔は何歳までに手術をするべきか
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
「緑内障」インプラント手術が保険適用に!

■「糖尿病」おすすめ記事
皮膚に出る赤いポツポツは「糖尿病」が原因
糖尿病予備軍もわかる皮膚症状セルフチェック
しびれがヨコに現れたら「糖尿病」のサイン
歯周病と糖尿病の「負の連鎖」のメカニズム
血糖値を下げる糖尿病治療「食前キャベツ」とは?
「指先のしびれ」その原因を見分ける方法!!
こむら返りの原因はもしかして糖尿病かも!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事