ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

偏頭痛薬の飲みすぎで新たな頭痛に襲われた症例

偏頭痛だと思い込んで市販の頭痛薬を大量に飲み続けたことで、新たな頭痛に襲われるようになる症例がありますそれが「真夜中に目が覚める頭痛」です。偏頭痛薬の飲みすぎによる頭痛の症例を見ていきましょう。『みんなの家庭の医学』の「頭痛の本当の原因SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
偏頭痛薬の飲みすぎで新たな頭痛に襲われた症例

倍の用量の偏頭痛薬を毎日飲み続ける

43歳の男性がズキンズキンと脈打つ頭痛に襲われたのは28歳のとき。残業や徹夜も多く、不規則な生活を送っていたといいます。偏頭痛と思い込んでいた男性は、頭痛のたびに市販薬を飲んでやり過ごしていました。

しかし、年を追うほどに偏頭痛の頻度は増加。週に1回から2~3回と徐々に増えてくるようになりました。すると、そのたびに薬の効きが悪くなってきます。1日2回の服用限度を超えて飲むのが日常になっていったのです。

それでも偏頭痛は治まるどころか、むしろ悪化の一途。10年が過ぎるころには、朝起きたときから夜寝るまで1日に何度も痛みが襲ってくるほどです。偏頭痛薬も1日に倍の用量を毎日飲み続ける状態。1か月分の頭痛薬を2週間足らずで使い切っていました。

新たな痛みに偏頭痛薬を流し込んだ

そして2年前、それまで経験のなかった頭痛が男性を襲います。珍しく仕事が早く終わって22時に就寝した男性は、深夜2時に左目奥の激痛で目が覚めたのです。それはハンマーで殴られたようなズキズキする痛みでした。

慌てて偏頭痛薬を流し込んだ男性。痛みはやがて治まり、再び眠ることができました。しかしこの日以降、夜中の頭痛は毎晩、襲ってくるようになります。しかもひどいときには、1晩に2回も頭痛で目覚めるほどでした。

昼間の頭痛に加え、寝ているときにまで容赦なく襲ってくる痛み。睡眠不足と薬の飲みすぎも手伝って、男性は仕事中にも意識がもうろうとするようになってしまったのです。


スポンサーリンク

偏頭痛薬の飲みすぎで睡眠時頭痛

男性が病院で診察を受けると、診断結果は偏頭痛と何らかの頭痛が組み合わさっているというもの。偏頭痛を薬で治療しながら、複雑に入り組んだ症状を整理するという治療法です。

こうして男性は、1年半をかけて偏頭痛を克服。夜中に目覚める頭痛だけが残りました。そして、わかった病名が「睡眠時頭痛」です。睡眠中の脳の状態をコントロールする脳幹の異常が原因といわれています。

脳幹には、痛みを感じるとそれを抑える物質を出す役割があります。しかし偏頭痛薬を大量に飲み続けることで痛みが強制的に抑えられ、脳幹が本来の役割を必要ないものと勘違いするようになったのです。いわば偏頭痛薬の飲みすぎで睡眠時頭痛が引き起こされていたのでした。

■「偏頭痛薬」おすすめ記事
偏頭痛の薬を飲みすぎると睡眠時頭痛を発症する

■「偏頭痛」おすすめ記事
離婚している人に多い!?偏頭痛の原因と治し方
「偏頭痛」が改善する!?独自対策を検証する
偏頭痛は対処を間違えると症状が悪化する頭痛
偏頭痛の対処は血管を拡張させる原因を探すべし
偏頭痛の症状を悪化させるラーメンと粉チーズ
めまいの原因が不明のときは前庭性偏頭痛かも

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事