ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

誤嚥性肺炎を防ぐ「口腔ケア」と「食事法」

「えんげ障害」があると、食べ物や飲み物、唾液などが肺に入ってしまうことで「誤嚥性肺炎」がおこりやすくなります。リスクを減らすには「口腔ケア」と「食事法」に気を配ることが大切です。



スポンサーリンク
eat

「口腔ケア」では、口の中の食べかすを取り除き、細菌の繁殖を抑えることが重要です。食べる前と食べた後にブラシを使って、口の中をきれいにしてください。歯を磨くとともに、歯肉や舌の汚れを取りましょう。

「食事法」は、食事の際の姿勢や飲み方に気を配ったり、食事の形態を変えたりすることです。これで、誤嚥をおきにくくすることもできます。

椅子に座って食べる際に、口からこぼれやすくなったり、うまく飲み込めなくなったりするケースがあります。この場合、ベッドの背をおこして体を少し寝かせた状態で食べると、改善するケースがあります。この姿勢では、枕などを使って首が後ろに反らないようにすることが大切。リクライニングが可能な車椅子を使えば、同様の姿勢をとることができるでしょう。

日ごろから食べ物をゆっくりとよくかんで、気持ちを集中して飲み込むよう意識することも大切。餅のように飲み込みにくい食品は、小さな塊にして一口食べたらお茶を飲むなど、くっついたものが喉に残らないようにする工夫が有効です。またゼラチンなどで固めた食品は、適度な粘度があって飲み込みやすいのでおすすめです。

■「誤嚥性肺炎」おすすめ記事
誤嚥性肺炎の原因!新型ドライマウスとは?
65歳以上の死亡原因の多くは「誤嚥性肺炎」
周富徳も死去した「誤えん性肺炎」の危険性
「誤えん性肺炎」危険度チェックと予防体操

■「肺炎」おすすめ記事
伍代夏子が九死に一生を得た間質性肺炎とは?
原因不明「間質性肺炎」を咳で見分ける方法
逆流性食道炎ならぬ逆流性肺炎の症状とは?
hitomiが「過敏性肺炎」が原因で1か月で引越し
肺炎の症状をせきや発熱で見分ける方法がある
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事