ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

神経性胃炎になると胃が萎縮してシワシワになる

ストレスによって引き起こされるのが神経性胃炎。それでは、ストレスを受けるとなぜ神経性胃炎になるのでしょうか? それはストレスで胃が萎縮してシワシワになることが原因だったのです。『駆け込みドクター!』の「危ない胃の不調SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
神経性胃炎になると胃が萎縮してシワシワになる

神経性胃炎は自律神経が大きく関わる

なぜストレスを受けると神経性胃炎になるのでしょうか? 大きく関わっているのが自律神経です。自律神経とは交感神経と副交感神経の2つ。この2つはシーソーの関係で、お互いにバランスを取り合っています。

交感神経は体を活動的にしてくれるもの、副交感神経は体をリラックスした状態にしてくれるものです。ストレスがかかるとこのバランスが崩れて、胃に不調を来たすして神経性胃炎になります。

具体的には、交感神経が必要以上に活発になって胃液の分泌が減少。ぜんどう運動も弱まってしまいます。一方、副交感神経が必要以上に優位になると、胃酸が過剰に分泌されて胃壁が荒れてしまうのです。これが神経性胃炎を引き起こします。

神経性胃炎の原因は胃にできたシワ

実際、ストレスがかかると胃はどうなるのでしょうか? 胃カメラで正常な胃を見てみると、胃はぜんどう運動をおこしていました。正常な胃はこのぜんどう運動を1分間に3~4回ほど繰り返しています。

ストレスがかかった胃を見てみると、胃の中は本当にシワシワの状態。しかも動きが止まっていました。正常な胃は定期的なぜんどう運動を行って食べ物を腸へと送っていますが、ストレスを受けると自律神経が過敏に反応して胃のぜんどう運動が弱まります。胃の中にできたシワは胃が萎縮してできたものです。

こうして胃の動きが悪くなると食べ物の消化が悪くなって胃がもたれたり、それによって胃酸が出続けて胃酸過多で胃の痛みがおこったりするというわけ。ストレスを感じてわずか数分でおきた胃の変化が、胃もたれや胃痛を引き起こします。そして、これらが神経性胃炎の原因となります。


スポンサーリンク

神経性胃炎の予防にはぬるめのお風呂

なお、胃が傷つくことで潰瘍ができ、出血する可能性もあります。「ストレスで胃に穴があく」という言葉どおり、ストレスによって本当に胃に穴はあくのです。

神経性胃炎を予防するには、ストレスによって乱れがちな自律神経のバランスを整えるしかありません。自律神経をもっとも手軽に整える方法は「ぬるめのお風呂で全身浴」です。38~39度のお湯に30分ほど、全身浴で入るとリラックス。自律神経は副交感神経が優位になるのです。

「温冷浴」も自律神経を整えるには効果的。水とお湯を7回繰り返す入浴法ですが、大切なのは温度差にあります。お風呂を上がるときに冷水を浴びるだけでも神経性胃炎に効果があるでしょう。

■「神経性胃炎」おすすめ記事
胃もたれの原因は神経性ではなく「悪循環」

■「胃」おすすめ記事
「胃痛」の原因が胃じゃない病気ベスト3とは
胃痛の3大原因!暴飲暴食・ピロリ・ストレス
胃の痛みで病気の種類をすぐに見分ける方法
食べてすぐ寝るなら本当は「左が下」が正解!
胃もたれの原因は神経性ではなく「悪循環」
胃がんの初期症状に「かゆくないまぶたの赤み」
胃弱は「機能性ディスペプシア」という病気
異常ナシでも胃が痛い「機能性ディスペプシア」

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事