ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

手のしびれが手根管症候群かをセルフチェック

日常生活で手にしびれを感じるようになる「手根管症候群」は女性に発症しやすい病気として知られています。手根管症候群の女性の発症率はなんと男性の10倍。そんな手根管症候群による手のしびれの原因を見ていくとともに、病気をセルフチェックする方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
手のしびれが手根管症候群かをセルフチェック

手のしびれはまず中指の先に感じる

手根管とは、手首の中にある骨とじん帯に囲まれたトンネルのように狭い空間になります。この部分に圧力がかかると、手のしびれや痛みを感じるようになるのです。症状が重くなるとものも持てなくなってしまいます。

手根管症候群による手のしびれが女性に多い理由は、女性のほうが炊事や洗濯で手を使った仕事が多いため。女性ホルモンの低下により手根管が狭くなるともいわれます。

ただし、手のしびれがはっきりとした原因がなく発症するケースも多数。とくに妊娠・出産期や更年期以降の女性が多く抱える病気です。

手のしびれはまず中指の先に感じるケースが多く、次第にほかの指にも徐々に広がるのが一般的。手の甲と小指には症状が現れないことも特徴です。また、手を振ることで症状がやわらいだりする特徴もあります。

手のしびれが出るかをセルフチェック

手根管症候群のセルフチェックの方法は、両手の甲を胸の前で合わせて30秒キープするというもの。これで手のしびれが出るようなら、病院で検査を受けるのがおすすめ。手根管が狭くなっている可能性があります。

手根管症候群の対処法は、まずはサポーターなどで手首を安定させることで手根管にかかる圧力をやわらげること。単純に手を使用しないように安静にすることも効果があるでしょう。

実際の治療では、消炎鎮痛剤やビタミンB12の服用のほか、ステロイドの注射といった保存的療法が一般的です。ビタミンB12は、末梢神経を代謝促進により回復させる作用があります。

■「手のしびれ」おすすめ記事
「指先のしびれ」その原因を見分ける方法!!
胸郭出口症候群で指先のしびれがおこる理由とは
「頚椎症性脊髄症」危険なしびれを見分ける
しびれの原因を見極める「10秒テスト」とは
腕や肩に「しびれ」が現れる心臓の病気!?
「狭心症」が原因でおこるしびれの見分け方
末端から近づく「しびれ」は放置すると危険
しびれがヨコに現れたら「糖尿病」のサイン

■「手根管症候群」おすすめ記事
手根管症候群は人差し指と中指のしびれが特徴

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。