ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

前頭側頭型認知症の特徴は同じ行動の繰り返し

認知症の6割を占めるのがアルツハイマー病。しかし、意外に知られていないのが残り4割。その1つが早ければ40代から発症する「前頭側頭型認知症」です。40~60代の認知症では、前頭側頭型認知症はアルツハイマー病に次いで多いのです。『得する人損する人』で紹介されていました。



スポンサーリンク
前頭側頭型認知症は早ければ40代から発症する

前頭側頭型認知症は発症が早い

前頭側頭型認知症は発症が早いことが特徴です。8割くらいの人は40~60代という早い時期に発症します。

アルツハイマー病は「海馬・側頭葉・頭頂葉」といった、脳の後ろのほうが中心に侵される病気。これが記憶障害をおこしたり、自分の居場所を認識する機能が低下する理由です。

一方、前頭側頭型認知症はその名のとおり「前頭葉・側頭葉の前方部」といった脳の前のほうが犯される病気。前頭葉は「興味・やる気・意欲」を維持していく機能と、人の心を推し量ったり共感したりする機能があります。前頭側頭型認知症はこういった働きが低下するのです。

前頭側頭型認知症の特徴的な症状

前頭側頭型認知症はアルツハイマー病とは異なり、初期段階では記憶がしっかりしているのが特徴。その反面、意欲・やる気がなくなったり、行動のコントロールができなくなるといった症状も特徴的です。

そして、前頭側頭型認知症にはもう1つの特徴的な症状があります。ひたすら電気を点けたり消したり、急に部屋の中をグルグル歩き回ったりするのです。これらは常同行動と呼ばれます。

前頭側頭型認知症の症状の特徴は「行動がコントロールできない」ことと「同じ行動を繰り返す」ことなのでした。

■「前頭側頭型認知症」おすすめ記事
40代で発症する「前頭側頭型認知症」の症状とは
前頭側頭型認知症の進行で犯罪に手を染めた!?
前頭側頭型認知症は早ければ40代から発症する
前頭側頭型認知症を早期発見する4つの危険信号

■「認知症」おすすめ記事
脳血管性認知症は「感情失禁」が典型的な症状
認知症の予防にもなる「色読み脳年齢テスト」
認知症かどうかを診断「模写テスト」とは?
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
ピーナツバターで認知症が早期発見できる!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事