ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

腸腰筋の鍛え方はお腹の奥の筋肉をイメージする

お腹の奥にあるインナーマッスルである腸腰筋は太くて長い筋肉です。このため、腸腰筋は鍛え方次第で基礎代謝をあげることが可能。食べても太らない体質に改善することができます。さっそく腸腰筋の鍛え方を紹介しましょう。『世界一受けたい授業』で紹介されていました。



スポンサーリンク
腸腰筋の鍛え方はお腹の奥の筋肉をイメージする

腸腰筋の鍛え方はイメージが大切

腸腰筋は上半身と下半身をつなぐ重要なインナーマッスルです。背骨と大腿骨をつなぐ大腰筋と、骨盤と大腿骨をつなぐ腸骨筋を合わせて腸腰筋と呼ばれています。

この腸腰筋は太くて長いことが特徴。腸腰筋の鍛え方次第では、食べても太らない体を手に入れることができます。

ただし腸腰筋の鍛え方は、お腹の奥の筋肉をイメージすることが大切。ただ動かしているだけではまったく効果がありません。意識することでしっかり代謝も上がるのです。

腸腰筋の鍛え方は朝晩に行う

1つめの腸腰筋の鍛え方は、右足を前にして足を前後に開いて、両手を体の正面に伸ばして合わせます。この体勢からゆっくりと、後ろの足が床と平行になる位置までしゃがんでください。

そして、腸腰筋を意識しながら骨盤を安定させたら、体を左から左右に3回ずつひねるのです。顔は正面を向いたまま合計6回ひねります。反対側の足でも同じようにひねってください。これを左右1セットを朝晩に行います。

2つめの腸腰筋の鍛え方は仰向けに寝た状態から、上体を少し起こします。ここから左足と右手を同時に上げてください。次に、足が床に着かないようにして、右足と左手を同時に上げるのです。

こうして、上体と足を床に着けないまま、手足を交互に上げ下げします。横になったまま歩行の動きをしているイメージです。10回繰り返したら、手足と上体を下ろしてください。10回×3セットを朝晩にやるのがオススメです。

■「腸腰筋の鍛え方」おすすめ記事
腸腰筋の鍛え方!それはソファをやめること
腸腰筋を鍛えると大腸が刺激されて便秘が解消
腸腰筋の鍛え方!行列に並びながらできる!!
腸腰筋は鍛え方次第でウエストが2週間で5cm減
腸腰筋の鍛え方次第で食べても太らない体になる

■「腸腰筋」おすすめ記事
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腸腰筋の筋トレは階段を上りながらでもできる
腸腰筋の筋トレで腸が元気になるメカニズム

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事