ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

アスペルギルスの中でも死に至る危険なカビとは

アスペルギルス・フミガータスはたくさん吸うことによって、強いアレルギー性の肺炎から呼吸不全になって死亡する可能性のある怖いカビ。しかもアスペルギルス・フミガータスは、医師でもなかなか気づけないといいます。アスペルギルス・フミガータスの実態を見ていきましょう。



スポンサーリンク
アスペルギルスの中でも死に至る危険なカビとは

アスペルギルスで死の危険に直面

アスペルギルス・フミガータスが恐ろしいのは、違う病気に間違えられやすいからです。悪化したときの症状が、風邪や気管支炎、肺炎の症状と非常に似ています。レントゲンで影が出ても、普通の肺炎と非常に影がよく似ているのです。結核、p似ているということで、誤診されやすいといいます。

アスペルギルス・フミガータスによって死の危険に直面した女性は、体がだるくて微熱が続き、よく咳が出るという症状でした。そこで病院を受診すると、医師からは軽い喘息と診断されたのです。

女性は喘息を治す薬を飲み続けるものの、一向に症状はよくなりません。息切れも毎日感じるようになりました。そんな状態が5年も続いたある日、呼吸困難をおこして緊急搬送。そこで医師に告げられたのが、アスペルギルス・フミガータスが原因でおこるアレルギー症状でした。

アスペルギルスにとって体温は適温

アスペルギルス・フミガータスは目にはまったく見えませんが室内の空気中、とくに家のほこりの中にたくさん住んでいることが知られています。アスペルギルス・フミガータスを吸うことによって、強いアレルギー性の肺炎や強い呼吸不全になることもあり、死亡する可能性もあるのです。

アスペルギルス・フミガータスが原因と考えられる「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症」の患者数は、全国で推定10万人以上。アスペルギルス・フミガータスの認知が普及していないこともあって、病院では喘息や風邪と診断されることもしばしばあります。

通常のカビは人の体温では生き続けられませんが、アスペルギルス・フミガータスにとっては人の体温は適温。とくに、万年床が大好物になります。アスペルギルス・フミガータスは枕や人と接する布団に生えやすいのです。


スポンサーリンク

アスペルギルスは気管支で増え続ける

また、体温が適温であるがために、アスペルギルス・フミガータスは人の気管支や肺の中でも静かに増え続けます。そして、ある日突然、肺を破壊して呼吸障害などの症状を引き起こすのです。

さらに、アスペルギルス自体は非常にポピュラーなカビなのですが、アスペルギルス・フミガータスは非常に強毒性で感染力も強く、アレルギーも強くおこすカビ。喘息患者の2~3%がこのカビのせいといわれています。

とはいえ、アスペルギルス・フミガータスが存在するのは一部の家。換気が悪くて湿度がかなり高い場合、生息している可能性アリ。だいたい1~2割の家で出るといわれています。

アスペルギルスから身を守る方法

それでは、どうすればこの恐ろしいアスペルギルス・フミガータスから身を守る方法はあるのでしょうか? 空気中のカビをゼロにすることは不可能。なるべく少なくする努力が大切です。

カビを抑えるには、やはり乾燥させることが基本。とくに布団は長時間、人と接して湿気がたまりやすい場所です。さらに部屋全体をこまめに換気すること大切。月に一度は、エアコンの掃除を行うようにしましょう。

もし特定の部屋にいるときだけ咳が出て、部屋を出たら咳がやむような症状がある場合は要注意。アスペルギルス・フミガータスが原因かもしれません。一見きれいに見える部屋でも、恐ろしいカビが隠れていることがあるのです。

■「アスペルギルス」おすすめ記事
hitomiが「過敏性肺炎」が原因で1か月で引越し

■「カビ」おすすめ記事
マラセチア毛包炎とは顔カビが原因の体ニキビ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事