ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

アルツハイマー予防にはカレーに含まれたウコン

アルツハイマーの予防や進行を抑えてくれる食べものが、日本の国民食ともいうべきカレー。アルツハイマー予防には、カレーに含まれているウコンに秘密があるのです。『林修の今でしょ!講座』の「認知症・アルツハイマー病2時間SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
アルツハイマー予防にはカレーに含まれたウコン

アルツハイマー予防の秘密はウコン

カレーにウコン?…と疑問に思う人も多いでしょうが、ウコンの英語名はターメリック。カレーにターメリックが入っているのは、ご存じの人も多いでしょう。そして、このウコンにこそ、アルツハイマー予防の秘密があります。ウコンの中に含まれる「クルクミン」という成分が効果を発揮するのです。

アルツハイマーは脳の中に溜まったアミロイドβというタンパク質が神経細胞が攻撃することが原因。クルクミンは、アミロイドβが溜まる速度を抑えてくれるのです。

インドで毎日のようにカレーを食べている地方では、調査をしてみるとアルツハイマーの患者が少ないことがわかっています。このため、習慣的にカレーを食べることがアルツハイマー予防に効果があるのではないかと期待されているのです。

アルツハイマー予防にはクルクミン

アルツハイマー予防には、ウコンの中の成分であるクルクミンがたくさん入っていることがポイント。レトルトカレーやカレールーは、カレー粉と比べてクルクミンの含有量は少なくなります。

とはいえ、黄色い粉としてクルクミンは販売されています。アルツハイマー予防に、カレーに追加して入れてあげるとよいでしょう。

このほかにもガム、青魚、地中海料理、緑茶、ワインなども、アルツハイマーの予防効果が期待されています。ガムは咀嚼による脳の活性効果、青魚はオメガ3脂肪酸に予防効果があるのです。地中海料理はよく使われるオリーブオイルのオレイン酸、緑茶はカテキン、ワインはポリフェノールに、アルツハイマー予防の効果が期待されています。

■「アルツハイマー予防」おすすめ記事
アルツハイマー病を予防に効果のある食生活とは
アルツハイマーを予防する習慣と予防しない習慣
アルツハイマー予防の生活習慣チェックリスト

■「アルツハイマー」おすすめ記事
アルツハイマーは発症の20年前から進行中!?
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!
最新治療法でアルツハイマー病が半分に減る
アルツハイマー型認知症は初期症状で発見すべし
「物忘れ」と「アルツハイマー」の違いとは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事