ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

高齢者の「ドライマウス」防止トレーニング

「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」は、高齢者の亡くなる原因の上位に入る病気。じつは、睡眠中に口が開いてしまう唾液蒸発型の「新型ドライマウス」によって発症するケースがあるのです。新型ドライマウスを防止するための「お口のトレーニング」方法を3つ紹介しましょう。



スポンサーリンク
smile

ドライマウスを防止するトレーニング

ドライマウスを防止する「お口のトレーニング」1つめは「イー」と「ウー」です。「イー」と「ウー」を順番に発音して、口の形を5秒キープします。左右の口角を斜め後方に引き上げる感じで笑顔を作って「イー」。口を中心に持っていって「ウー」と発音します。

目安として、10回1セットを朝晩1セットずつ行いましょう。最初から無理せずに、5秒が長ければ自分の力に合わせて短くしてかまいません。

ドライマウスを防止する「リップトレーニング」2つめは「ホッピング(舌の運動)」です。舌の筋肉を強めるもの。舌先を上の前歯の少し後ろに置いて、舌全体を上あごに吸い付けます。強く押し付けたあと、ポンっと鳴らすように舌をはじくのです。

こちらも目安としては、10回1セットを朝晩1セットずつ。あまりあごを上げないように注意しましょう。舌を上あごに付ける面積は、なるべく広くなるように意識してください。

ドライマウスがトレーニングで改善

ドライマウスを防止する「リップトレーニング」3つめは「口をふくらます」です。くちびるとほほに空気を入れることにより、くちびるを閉じる筋肉を強化します。上と下のくちびる、そして左右のほほの4つに分けて、それぞれ順番に空気を入れていきましょう。「上→下→右→左」という順番です。

こちらも目安として、10回1セットを朝晩1セットずつ行ってください。しっかりくちびるを閉じて、それぞれの部位だけに空気を入れるように気をつけましょう。

実際、新型ドライマウスで悩んでいた高齢者も、このトレーニングによって症状が改善することが多いといいます。鍛えれば、必ずその効果は出てくるものです。ぜひ継続的に行ってください。

■「ドライマウス」おすすめ記事
高齢者の新型ドライマウスとは – ためしてガッテン
誤嚥性肺炎の原因!新型ドライマウスとは?

■「高齢者」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
掃除しながら尿漏れ予防「骨盤底筋」鍛え方
大腰筋を鍛える「歩幅1.5倍」ウォーキング
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
ひざ痛が解消!イスに座って簡単ストレッチ
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事