ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

サルコペニアは立ったまま靴下を履けるかで判定

見ためや体重ではわからない肥満「サルコペニア」が急増中です。じつに40代以降の4人に1人がサルコペニア肥満の予備軍だとか。サルコペニア肥満の簡単なチェック方法と、それを防ぐ方法を紹介します。『駆け込みドクター!』の「運命を変える診断SP」で取り上げられていました。



スポンサーリンク
サルコペニアは立ったまま靴下を履けるかで判定

サルコペニア肥満は食事制限が危険

サルコペニア肥満は、2つの言葉の組み合わせ。サルコペニアは筋肉の減少を意味する老化現象のことです。肥満はそのとおりの意味になります。サルコペニアと肥満の両方を抱えてしまった状態こそがサルコペニア肥満。筋肉が減った部分に脂肪が蓄積しています。

サルコペニア肥満の怖さは、見た目や体重では見分けがつかないこと。筋肉の量は20代をピークに減少するもの。本人の気づかないうちに、脂肪は徐々に増えていくのです。

とくに危険なのは、食事制限だけのダイエットをやる人です。食事制限によるダイエットは、脂肪だけではなく筋肉も落ちて体重が減ります。筋肉減少を促進させるのが食事制限ダイエットです。

サルコペニア肥満を簡単にチェック

最近では、30~40代でサルコペニア肥満と判定される人もいるとか。じつはサルコペニア肥満は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病になるリスクが高くなります。

というのも、筋肉の働きは体を動かすことだけではありません。筋肉は血液中の糖分を取り込む働きも担っています。筋肉量が減ると糖分が十分に取り込まれず、血液中に多く残ってしまうことに…。サルコペニアが糖尿病のリスクとなるわけです。

サルコペニア肥満は「立ったまま靴下を履けるか」での簡単にチェックできます。片足立ちでどこにもつかまらずに靴下を履けるなら、ある程度は筋肉が付いているということです。


スポンサーリンク

サルコペニア肥満予防にスクワット

サルコペニア肥満の予防にはスクワットが一番です。サルコペニア肥満の解消には筋肉をつけるしかありません。筋肉の大部分は下半身に集まっているため、もっとも大きな筋肉を鍛えるスクワットが効果的なのです。

ただし、サルコペニア肥満を予防するスクワットは正しい姿勢で行う必要があります。とくに、ひざが足先より前に出ないことが大切です。

コツとしては、人差し指で足の付け根を後ろに押しながら、ひざを曲げるとよいでしょう。ちょうど洋式トイレの便座に座るイメージです。スクワットは1日10回を週5回行うとよいでしょう。

■「サルコペニア肥満」おすすめ記事
サルコペニア肥満を簡単にチェックする方法とは
サルコペニア肥満を予防するためのエクササイズ
座ってできるサルコペニア肥満予防トレーニング

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事