ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

胃がんの初期症状に「かゆくないまぶたの赤み」

化粧品によるかぶれやアレルギーでおこる顔の赤み。しかし、次のような顔の赤みが出ていたら胃がんの初期症状の可能性があります。それが「かゆくないまぶたの赤み」です。『たけしのみんなの家庭の医学』の「いま気をつけるべき病ランキングSP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
胃がんの初期症状に「かゆくないまぶたの赤み」

胃がんの初期症状で早期発見の可能性

胃がんの初期症状として出るまぶたの赤みの特徴は、左右のまぶたとも同じように赤くなることと、少し腫れがあることです。

胃がんは、肺がんについで死亡者数が多いがん。年間およそ5万人が死亡しています。とくに初期段階は自覚症状が出ることはほとんどなく、胃がんは早期に気づくことが非常に難しいのです。

しかし、この胃がんの初期症状の特徴を覚えておけば、早期発見の手がかりとなる可能性があります。そして、胃がんの初期症状となるまぶたの赤みの最大の特徴とが「かゆくない」ことなのです。

胃がんの初期症状のまぶたの赤み

アレルギー反応でおこるまぶたの赤みは、かゆみを伴うのが通常。皮膚の表面にポツポツなどの異常があります。しかし、胃がんの初期症状のまぶたの赤みは、皮膚の奥で炎症がおきているため皮膚の表面自体にはポツポツなどの異常がありません。同時にかゆみも生じないのです。

かゆくないまぶたの赤みは、胃がんの初期症状ほかに、肺がんや乳がんなどが発症している場合があります。因果関係は解明されていませんが、がんが免疫細胞に攻撃されると皮膚の細胞に似た構造に変化することがあります。

この変化によって、免疫細胞が正常な皮膚の細胞を誤って攻撃。このとき、とくに薄くて弱いまぶたにその症状が現れると考えられています。さらに、胃がんの初期症状としては、目のまぶたと一緒に手の関節にも赤みが出ることが多いといいます。

■「胃がん」おすすめ記事
玉ねぎの効能に胃がん予防!水にさらしちゃダメ

■「がん」おすすめ記事
大丈夫?「片側だけの鼻水」はがんの兆候!?
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
足の裏のほくろがメラノーマ…実際の症状は?
死亡率が高い「メラノーマ」4つの症状とは?
血便の原因が大腸がん…と思ったときの対処法
「皮膚がん」と「ほくろ」の見分け方とは?
血便の原因が大腸がんか痔かを判別する方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事