ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

仙腸関節を自分で調整して腰痛を改善する方法

仙腸関節は骨盤と背骨をつなぐ重要ポイント。仙腸関節がミリ単位で微妙に動くことで、体全体の衝撃を見事に吸収しているのです。そして、仙腸関節に不具合がおこると、付近の筋肉に負担がかかって腰痛が発生するのです。そこで、仙腸関節を自分で調整する方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
仙腸関節を自分で調整して腰痛を改善する方法

仙腸関節をほぐす方法で腰痛改善

オフィスや自宅ですぐに実践できる、仙腸関節をほぐす方法が「股関節回し」です。ちょっとしたスペースで立ったままできるので、手軽に腰痛改善に取り組めます。

まず両足をそろえて、背筋を伸ばして立ちます。息を吸いながら右足を引き上げて太ももが水平になる位置まできたら、右足を外側に開くのです。このとき、ひざと足首の角度が90度になるように曲げるのがポイント。

そして、今度は息を吐きながら開いた足を前方に戻し、そこから下に下ろすのです。左右交互に10回ずつ行ってください。バランスがとりにくい場合は、壁やイスを支えにするとよいでしょう。

仙腸関節がゆるんで腰痛が改善する

仙腸関節を自分で調整するなら、骨盤のゆがみを解消する「骨盤ベルト」や、巻くだけダイエットで使われた「ゴムバンド」を使う方法もおすすめ。これらを腰に巻いた状態で動くことにより、仙腸関節がゆるんで正常な動きに矯正。腰痛を改善することができます。

実際のやり方は、骨盤ベルトを腰に巻いた状態でふだんの生活をするだけ。姿勢よく歩いたり背筋を伸ばしてイスに座るなど、正しい姿勢を心がけます。昼間に巻けないなら、寝る前に骨盤ベルトを巻いてラジオ体操をするとよいでしょう。

こうすることで仙腸関節のまわりの筋肉が緩和されて、巻いていない状態でも正しい動きを意識づけできます。すると、腰痛が驚くほど簡単に改善されるはずです。

■「仙腸関節」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
仙腸関節の動きを手で確認する方法とは?
仙腸関節が正常か判別&矯正して腰痛を解消

■「腰痛」おすすめ記事
注射も効かない腰痛は「一本の糸」が元凶!?
腰痛の新原因「股関節の異常」2つの原因
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
腰の痛みは「お尻」で治る!金メダリスト実践のストレッチ法
新型腰痛「脊髄終糸症候群」手術で完治する
腰痛を予防するなら2つの枕を離して置くべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事