ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

仙腸関節の動きを腰に手を当てて触る方法とは?

仙腸関節は上半身と下半身の接続部。骨盤と背骨の接続ポイントでもあります。このため仙腸関節が機能不全と陥ると、付近の筋肉に負担がかかって以上収縮。それが腰痛の原因となります。そんな仙腸関節の動きを腰に手を当てて触る方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
仙腸関節の動きを腰に手を当てて触る方法

仙腸関節が上半身と下半身をつなぐ

仙腸関節は骨盤にある関節です。腰を支える腸骨と、背骨につながる仙骨の間にある溝が仙腸関節になります。上半身と下半身をつなぐ重要なポイントです。

まず仙腸関節の位置を確認する方法を紹介します。立った状態で、わき腹の下にある骨盤を確認してください。これが蝶の羽根のように広がった腸骨になります。

この腸骨の上側をそのまま後方にたどって骨盤の後面に行くと、ポコッと隆起した部分があるはずです。これは上後腸骨棘(じょうこうちょうこつきょく)という腸骨の一部になります。

仙腸関節は腸骨と仙骨との緩衝材

この上後腸骨棘に親指の腹を置くようにして、両手を腰に当ててください。このとき、親指の先端に触れているのが仙骨。そして、上後腸骨棘の下の奥で、仙骨を挟んでいるのが仙腸関節なのです。

ここで親指を当てた状態でひざを上げたり、上げたひざを外側に開いたりします。すると、上後腸骨棘の位置が移動するのがわかるはず。これは足の動きと連動して腸骨が前後に傾いたり、左右に回転していることを意味します。

この腸骨の動きと仙骨との緩衝材となっているのが仙腸関節。この仙腸関節が数ミリ動くだけで、ビルの免震構造のように骨や筋肉にかかる衝撃を吸収しています。骨盤と背骨の緩衝材といってもよいでしょう。

■「仙腸関節」おすすめ記事
仙腸関節ストレッチでオフィスで腰痛を改善
1日5分「仙腸関節ウォーキング」で腰痛予防
仙腸関節の動きを手で確認する方法とは?
仙腸関節が正常か判別&矯正して腰痛を解消
仙腸関節を動かすAKA-博田法で腰痛が治る理由
腰痛の改善に仙腸関節の正常化が効果的な理由
仙腸関節を自分で調整して腰痛を改善する方法
ぎっくり腰の原因は仙腸関節のロックで靭帯損傷

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事