ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

セラミック歯が1日で治療完了するデジタル歯科

歯医者は何度も通院が必要なのが面倒なところ。しかし、最近では虫歯が1日での治療できてしまうデジタル歯科が登場しています。セラミック歯が1日で治療完了するデジタル歯科を見ていきましょう。『駆け込みドクター!』の「歯の三大トラブル徹底検査SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
セラミック歯が1日で治療完了するデジタル歯科

セラミック歯も1日で治療完了

通常の歯科治療は、およそ一週間ほどの工程をたどります。歯医者で歯型を取ったら技工士が金属の詰めものや被せものを製作するなどです。このため、歯医者に何度も通わなければなりませんでした。

しかし、デジタル歯科ならセラミック歯も1日で治療完了します。まずは歯をチェックから。金属の被せものが2つありましたが、そのうちの1つに虫歯を発見しました。ここからデジタル歯科ならではの治療が始まります。

まずは3Dカメラで患部をスキャン。金属が入った状態の歯と歯茎が、3D画像で映し出されます。そして、金属を取って虫歯を削ったあとに、再び3Dカメラでスキャン。削ったあとの歯型と削る前の歯形をコンピュータが検証して、セラミックの詰めものを設計してくれるのです。

これまでのセラミック歯より安い

続いて登場するのがミリングマシン。1cm四方のセラミックから、設計データを元に詰めものを作ります。マシンにセラミックをセットしてスタートボタンを押すと、両サイドのドリルっで自動的にセラミックが削り出すのです。

10分後には精巧な詰めものが完成。3D画像そのままの形です。装着してみると、色も形もまったく違和感なく仕上がっています。治療時間は1時間半。これでセラミック歯の治療が完了しました。

しかも、デジタル歯科はこれまでのセラミック歯よりも価格が安いのが魅力。セラミック歯の治療はだいたい3万円くらいで済むのです。

■「歯」おすすめ記事
虫歯より怖い「歯周病」の簡単チェック法!
歯周病と糖尿病の「負の連鎖」のメカニズム
生理前と妊娠中は「歯周病」になりやすい!
突然死の新原因「歯周病」が注目される理由
金属アレルギーの恐怖!歯の詰め物が口の中で溶け出している
過剰歯の割合は子ども100人に対して1人程度
歯性上顎洞炎の症状は「片方だけの鼻づまり」
TCHが肩こりの原因!舌に歯型があったら要注意

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事