ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

血管年齢を若く保つ「早起き・朝日・朝食」とは

血管年齢を若く保つためには規則正しい生活が欠かせません。血管年齢を若く保つ方法を手軽に実践するポイントを紹介しましょう。それは「早起き・朝日・朝食」で体内時計をリセットすることです。『みんなの家庭の医学』の「身体が老けない4つの秘密」で紹介されていました。



スポンサーリンク
血管年齢を若く保つ早起き

血管年齢を若く保つ体内時計

血管年齢を若く保つには、体内時計を整えることがポイントになります。そのためには、まず「早起き」が大切。起床は6~8時くらいを目安に自分に合った時間を設定すると、体内時計のリズムを整えるのに効果的です。

もし早起きで眠くなったら昼寝がオススメ。人間はだいたい朝起きてから7時間くらいで眠くなるもの。その時間に昼寝をするのが有効です。

昼寝は長く寝ないことがポイント。30分以上寝てしまうと、かえってボーっとしてしまい、夜も眠れなくなってしまいます。30分以内にとどめることで、脳がリフレッシュするだけでなく、夜もよく眠れるのです。

血管年齢を若く保つポイント

早起きに加えて、血管年齢を若く保つために体内時計を整えるポイントが「朝日」を浴びて「朝食」を摂ること。これは朝日を浴びることによって、脳の体内時計を毎朝リセットされるからです。

というのも、もともと脳の体内時計は25時間サイクルで動いています。地球の自転より1時間長いのです。このため人間は、意識的に脳をリセットさせないと寝る時間が1時間ずつずれてしまいます。2週間後には昼夜が逆転してしまうのです。

朝日を浴びるといっても、わざわざ屋外に出なくても大丈夫。窓越しに太陽の光を見るだけでも十分に効果的です。

「朝食」は内臓の体内時計に作用。脳と同様に、朝食で内臓の体内時計がリセットされるのです。脳と内臓の両方の体内時計をリセットすることが、体内時計のリズムを守るポイント。血管年齢を若く保つことができるのです。

■『みんなの家庭の医学』
【身体が老けない4つの秘密】

体内時計のために朝は決まった時間に起きるべし
便秘解消方法は「ぬるめのお風呂」30分全身浴
セロトニンを増やす方法を西郷輝彦が伝授!
便秘解消方法は「ひねり体操」が効果的だった

■「血管年齢」おすすめ記事
抗酸化作用で血管が若返るチョコの成分とは?
血管年齢を下げるなら2時間おきにチョコを食べる
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?
お腹ぽっこりを解消すれば血管年齢が若返る!
名医が実践!血管年齢を若返らせる3つの方法

■「血管」おすすめ記事
脳血管性認知症は「感情失禁」が典型的な症状

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事